HOME
INDEX
RSS

『低賃金、重労働だから』という理由で許されるのは介護の世界だけ

文章長め反省w
てことで少し書き直し~w

今日は介護している家族と介護を仕事としている人の気持ちの格差を書いてみようかなと。

まず、要介護者を抱えている家族の気持ち

・親(身内)なのに面倒が見れなくて肩身の狭い思いをしている
・誰もが嫌がる汚物の処理をしてくれている
・自分の親や身内の面倒を他人様に任せている事への負い目がある

介護を仕事としている人達の気持ち

・他人の面倒を見てやっている
・低賃金で重労働だ
・より良いサービスを受けたければ、よりお金を出して満足いくサービスを受けたらいい

なるほど。
確かに世の中、お金ですからねw
出すもの出さないとお客扱いされないという事ですかね。
まるで某国の人達みたいです(笑)
なんでもかんでも『損得』で考えるっていうアレw

私は、たとえマニュアル通りだろうと偽善だろうと、マックの店員さんから『ありがとうございます』と言われれば『気分は悪くない』ですけどね。
なので私のほうも、たとえ高額の商品を買ったとしても、店員さんに『ありがとうございます』と言いますよ。
お互いに、そのほうが気持ちよく居られますからね。
ありがとうございます』と言う事に理由は要らないです、日本人ですから。

話が飛びますけど、日本人、中国人、韓国人を見分ける方法って何だかご存じでしょうか?
日本人は、お金を払って買い物をしたのに、買った先のお店の店員に向かって『ありがとう』と言うらしいです。対し、中国人、韓国人のお客は、『お金を払って買ってやった』という考え方なので、当然『ありがとう』と言う必要はないと思っているのですね。
だから、買い物をして『ありがとう』と言ってくるお客は間違いなく日本人だと判るそうです。

よく耳にするのが、低賃金、重労働だからという理由で、業務以外のサービスは困る、というものがあります。
要介護者を抱えている家族は、ほんのちょっとの気遣いが欲しいだけなのですよ。
『ありがとうございます』を言う事が業務以外の要求なのでしょうか。
私は常に、あのイヤミなばーさんの面倒を見てくれているヘルパーさん達に『ありがとうございます』と言っていますよ。
けれど彼らは『いいえ~気にしないでくださいね~』としか言ってこない。
『ご利用頂きありがとうございます』とは言わない(笑)

私は常々、教育も介護も家庭との連携プレイが必要だと言ってきました。
その基本がまず、『お互いを思いやる気持ち』ですよ。

低賃金、重労働でも『ありがとう』と言えるファーストフードの店員さん。
低賃金、重労働だから『ありがとうと言われるのは当たり前』と思っている介護職の人達。

この違いはなんでしょうね?w
世の中、低賃金、重労働なんてたくさんありますよ。
それなのになぜ、介護職の人達だけが『低賃金、重労働だから』という理由で、当たり前のようにしてサービス低下を豪語するのでしょうか。
『いつもご利用頂きありがとうございます』という言葉を言うのに、それ相応の報酬が無いとできませんか?要介護者を抱えている家族の気持ちを考えてあげるのも、お金次第ですか?

低賃金、重労働だから要介護者『だけ』に寄り添った対応しか出来ない…確かに一理あるでしょう。
現場は戦場のようだと思います。そんな余裕なんてない!と言いたいのも解ります。
だけど、低賃金、重労働でもお客様に頭を下げ続けている町工場のおじちゃん達はどうでしょう?製品に不具合が出ても仕方がない、低賃金だから…と言うでしょうか?

例え100円でも、払ってくれたらお客様ですよ。
まあ、その逆もありますけどねw
100円しか払ってないのに、お客様だ!と豪語する人もいますよねw
介護対象者でもないのに、おつかいを命じられたり、家政婦のようにしてこき使われたり…といった事は常識外ですよ、勿論。
そのレベルでの話ではありません。

『まず自分』。
なんでもそうだけど、自分ができていないくせに相手を責めるのは間違いだと思うのですよ。
しかもそれが、低賃金、重労働のせいだと豪語して正当化するのは尚よろしくない。
世の中を見てみて下さい。
もっと過酷な状況で働いている人達もいます。

私?w
私はちゃん解ってますよ(キリっ←
だからこそ、文句や愚痴が言えるのです^^b

人種、職種、身分、年齢、性別、金銭のやり取りなどなど、どれも問わずに『ありがとう』の気持ちは常にあるので、ここでばーさんの文句や介護職の人達への不満をぶちまけても、何ら恥ずかしくないですよ(笑)

『まずは自分から』です。
泣きごとは『やるべき事をやってから』言って頂きたいですネw
関連記事
Comment
家の旦那が利用しているデイサービスの連絡帳には、必ず「いつもご利用ありがとうございます」とか「ご報告ありがとうございます」って言う一言が書いてあります。
読むと、気持ちがほっこりします。
たった一言ですよね。
でも、この「ありがとう」の一言には絶大な力があると思う。
私は、日本語の中で一番美しい言葉だと思ってます。

私も、いつも送って来て下さるヘルパーさんや運転手さんに「お世話になりました。」「ありがとうございました。」「またよろしくお願いします。」と頭を下げます。
それは、自分ができない分の旦那の世話をお任せしたことへの感謝です。

介護と言えどもビジネスですから、お金が動くのは確かです。
じゃあ、仕事だからサービスだからと割り切って感謝の気持ちが無いかと言われれば、こちらはNOですよ。
そのへん、わかってない人が多いんでしょうね。

まっちさん☆彡

まっちさんとこは、ちゃんとしてますねb
そういう姿勢が理想的ですよね。
サービスして欲しけりゃ金払えとか、感謝されども、少ないお金しか払ってないのに感謝しなきゃならない理由がわからない…とかいう理屈、私は大嫌いです。

>それは、自分ができない分の旦那の世話をお任せしたことへの感謝です。

そうですよね、私たちだって感謝しているのですよ。
そして申し訳ないとも思ってますよね。

それなのに、感謝されて当たり前と思っているヘルパーさんが居るのも事実。
だから不適切な言葉が出てくるのだと思いますよ。

『おうちに居たほうが幸せよね?^^』

…という言葉なんて、まさにその通りww
完全に要介護者『だけ』に視線を向けている証拠です。
自宅で面倒を見られない家族の肩身の狭い思いなんて考えちゃいない。
それを指摘すると、低賃金、重労働だからと一蹴されてしまう。
ちょっとした『思いやり』までが業務以外のサービスとか…どんだけエグいのかw

お客もお金次第…って、なんだかまさに『貧乏根性』丸出しな感じがしてイヤですよね~。

色々なブログを読んでみると、要介護者をかかえた家庭の人達ってみんな、心のどこかで負い目を感じているんですよね。
そこを理解してもらうには、やはり彼らの賃金を上げてもらわない事には叶いそうにもないのですかね…
世知辛い世の中になりましたねぇw

>そのへん、わかってない人が多いんでしょうね。

丸い思考ができない人が多いのは、こういった事でしょうね。
一方からしか物事を理解しようとしない人間が多くなり、とても残念ですね。
思いやり
私は介護の経験も介護士でもないので深いことは言えませんが、

うだもさん達、介護に携わっている方達は、よーするに『思いやり』『気遣い』をお願いということですよね。これって介護士さんに限ったことではなく、どの職業、いや人間であったら当たり前ですね。

相手の立場を考え、発言に気を使い、行動する、当然。
ただ昨今、これができない人が増えてるようです。

あともう一つ、新聞で読んだのか、テレビで聞いたのか忘れましたが『医師・警察官・教師』は職業として割り切ってはならない。
と。
私も同感です、警察官の中に消防隊も医師の中には看護士も、私は介護士も入るのではと思います。
うだもさんの仰る通り大変な職業で低賃金なんて、たーくさんありますね。














こんばんは
みんながみんなそうだと思いたくはないけど、介護の世界で働く人の中には「してやってんだ」という考えの人もいるんですね。そういうの嫌だなあ、と思います。
結局自分も行く道なんだよって言ってやりたい。
そういう人は、介護する人を妙に子供扱いみたいな口をきいたりして家族が嫌な思いをしてるのもわからない。

お互いに「ありがとう」と言える良い関係。
一方だけがありがとうを言うおかしな関係。
どの世界にもあるような構図だけど、お互いに気分よく感謝され感謝する関係でありたいなあと思いますね。
なんだか支離滅裂な内容でごめんなさい。
ちょっと今夜は錯乱?してます・・・(-_-;)

心にたまったものはないですか?たまり始めたらわが拙ブログではきだしてね、待ってます!
賃金高かろうが安かろうが自分で選んだ職業やろ。懸命にやるんや。甘いなぁ。
コメ返遅れましたスミマセン!
はるママさん☆彡

>よーするに『思いやり』『気遣い』をお願いということですよね。

そうなの。
『死にたいなんて言ったら娘さんが喜んじゃうでしょ』とか『お家に居るほうが幸せよね』とか、そういう言葉を吐かないで欲しいと言ってるだけなのよね。
でも、これって特殊なスキル(カウンセリングとか)が無くても、言ったらマズイってわかるはずだよね。
ほんのちょっとの思いやりでいいのよ。
それすらも出来ない、、というか理解できないのね、きっと。

こう言っちゃなんだけど、そういうヘルパーさんは、どの職業に就いてもダメなんだと思う。
どんな職業でも、最低限の言葉のマナーがあるから、介護という人間を扱う現場で平気でお行儀の悪い言葉を言えるって事は、他の仕事をしても同じかなと。
介護は人手が足りないから、背に腹は代えられないもの。
どんな人材だって欲しいはず。
だから、そういうレベルの状況下で働いている人達(一部だけどね)に、私たちの気持ちを言っても理解してもらえないのは当たり前の事なのかもね。

実際には態度の悪いヘルパーさんに文句は言わないよw(あまりに酷い時以外ねw)
ボーダーラインとして、ばーさんに直接かかわるような重大なミスについてだけ、忠告させてもらってる。
自分が受ける心の傷に関しては、さっきも言ったように、言っても無駄な人種だと割り切っているので言わないw

>『医師・警察官・教師』は職業として割り切ってはならない。

これ納得!
そして、はるママさんの言う通り、介護もそのひとつだと思う。
ただ、現代社会において、全部ではないけど、ほんの一部の医師や警察官、そして教師や介護士が、あまりにも常識はずれだから、こういう当たり前の事が理想論として持ち上げられちゃうのよね。
昔とは違って、志というものが薄れているからね。
最低限でいいから、もう『サービス業』として徹底してくれ…とか言われるのよねw
私もそのクチ(笑)
出来ないだろうから、サービス業として割り切ってもらったほうがマシと思うもの。
本当は、言われなくともそういう高潔な志を持って仕事に臨んでもらいたいのだけど、そんな事を言ったら最後、偽善者とか理想論者とか言われちゃうもんねww

けれど、その『サービス業』すら理解してない人もいる。
こうなると、命を預けているだけに、ある種の『危険』を感じるよね。
当たり前の事までマニュアル化されないと理解できない。
当たり前の事すら『低賃金』だからと言って、やろうとしない。
世も末だわ…ホントorz


見張り員さん☆彡

そうなんですよ。みんながみんなって訳じゃないけど、だからこそ、お粗末な言動が目立つのかなと。
気にしなきゃいいんですけどね…つい(笑)

>そういう人は、介護する人を妙に子供扱いみたいな口をきいたりして家族が嫌な思いをしてるのもわからない。

介護家族に対しての、ちょっとした気遣いが出来ないヘルパーさんに多いですね、こういうの。
なんでだろ…
やっぱりどこかでバカにしてるのかな…とか、変に勘ぐっちゃいます←

おっしゃる通り、誰もが通る道なんですけどね。

介護される経験も、介護する経験も、結局のところ自分がなってみないと理解してもらえないのだと思いますよ。
私は、母の気持ちになって考える事があります。
もし自分がこんなふうに嫌われ者になってしまったら…と考えると、とても辛いですもの。
だからきっと、母もあの世に行ってから『後悔』するのだと思うと、なんだか可哀そうな気さえします。

>お互いに「ありがとう」と言える良い関係。
一方だけがありがとうを言うおかしな関係。
どの世界にもあるような構図だけど、お互いに気分よく感謝され感謝する関係でありたいなあと思いますね。

ホント、基本はここですよね。
そしてまず『自分から』、です。
それが出来ないと何も学べないだろうな、と思うのです。

>心にたまったものはないですか?たまり始めたらわが拙ブログではきだしてね、待ってます!

たまってなくても行きますともっ!ww
最近、オトメちゃん達がどこかで生きているような気さえしてきますよ。
物語の中の人物が『生きている』証拠ですね。
このままずっと終わらないで欲しいですホント。
彼女たちと一緒の時を刻んでいるような、そんな素敵な気持ちにさせてくれるんですから、見張り員さんの物語は最高ですb


きたろう☆彡

そうだよね、どんな職業でも懸命にやる…その通りだよ。
ア~タは誰よりも、それを知ってるもの。
頭下げて下げて、ここまで来た人だから、仕事をするという意味がちゃんと解ってるb
そして何より大事だったのが、常に『素直』だった事。
どんなに嫌いな人間でも、聞く時はちゃんと聞くものね。
仕事と対人感情をキッパリと離していたからこそ、ここまで成功したんだと思うよ。

自分を向上させる事には必ず耳を傾ける…この姿勢が大事。

そして何より、屁理屈ごねなかった(笑)
ただひたすら頭下げて、耳を傾けて、ア~タがどんなに屈辱的な思いをしてきたか、私は知ってる。
よく我慢した!偉い!


…って、これぐらいでい~かね?w
泣くんじゃないわよwwwwwww
泣かせるなぁ
そうだお嬢の言うとおり、屁理屈ばかり言う奴、自分のできない事をどこかに責任転嫁して言い訳する奴。最悪。どこまでいっても幸せになれねぇだろうな。殆どが全てとはいわねぇぜ、今ある自分は生きてきた結果なのになぁ。

何事も死に物狂いで頑張らなけりゃ上にはあがれねんだよ。

きたろう☆彡

……きたろうが……


……語ってるっ!w

まあ私も語っちゃったけども(爆
てゆかア~タ、名言ばかりじゃないの!w

『何事も死に物狂いで頑張らなけりゃ上にはあがれねんだよ』
↑成り上がり頂きましたwwww

っくぅ~シビレるぜっ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
参考意見
介護の職員にはあらゆる、
事情、考え方が異なる人達がいます。
確かに重労働で、賃金が低いのは事実でしょう。政府からの余剰金の蓄えを保留している
お金がある特養などの施設の職員の賃金が
介護保険制度によって見直しされるのはいいことだと思います。(実際に賃金が上がるかどうかはその施設の指針による)
離職率が高い介護職員が今後、
安心して将来を思い描ける職業として
賃金、待遇など、が改善されるといいですね。
近い将来、要介護の人口は確実に増え、
介護する人が足りなくなるのを
見越して、政府は外国人のある一定レベルの条件を、満たした(日本語が、話せる)人達を
人手不足の対策にしようとしています。
ただ、そのような場合、日本人の気質と違い
それが別にいい悪いというのは別として、
外国人の方達は感覚が違う部分が、どうしてもある為、安心して介護を任せていいかという
心配もあります。

問題なのは、低賃金で、重労働で働かざるおえない業種、職種が介護に限らず、
未だに存在し
国がいつまでも放置している
現状だと思います。
特定の業種だけが、
労働時間の法的制限から
免れるようにし、高い収入を確保できるように
したり、
満足に収入が得られない為に
wワークをしたくても、法的規制で
働く事が難しい制度もよろしくない
時代になっています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム