HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・安保法案採決^ ^b

辻元の泣き姿を酒の肴に、今日は大吟醸で一杯やろうかなあww
そうそう、志位の憤慨した顔も面白かったなあww
真っ赤だったわよ顔w

やあ〜爽快!^ ^!
やっぱり日本は神々の国ですね〜b
もうちょっとで中国に日本を乗っ取られるとこだったけど、ギリギリのところで助かりました。
おまけに中国も韓国も虫の息なんだしw

日本の神々の力は恐るべし!
そして日本の為に散華していった数々の御霊の追い風も加わって、とても助かりました。

そりゃそうでしょう、中国なんていう国は、ハリボテの国だもの。
先進国だなんて幻でしたね〜w
多くの犠牲を生んだだけの独裁国家であり、その罪はあまりにも大きいのです。

一人っ子政策のおかげで、中国には女性が激減しているという状況だし。
そらそうだわ、女の子と判定した途端に中絶しちゃうし、おまけにその退治を食べちゃうんだから@@

ついこの前も、レストランの冷蔵庫から嬰児の屍体がわんさか発見されましたよねw
客は、豚肉だと思って食べてたそうですから、驚きですね〜。

人間が人間を食べるという禁忌を犯した中国、近親相姦という禁忌を犯した韓国、こんな国が日本に勝てるわけがないw

まあ、日本に居座って頑張ってきた工作員の方々を始め、国民とは呼ばない『市民』の皆様、暑い中ご苦労さま^ ^
ネットでは既に身元がバレてますよ〜。
共産党は首洗って待っててねw

辻元は、これから刈り上げ君に謝罪するのかな??
まあ頑張ってw

※民主党時代における強硬採決 21回
※安倍政権における強硬採決 2回

※安倍政権を支持している国々 ほとんど
※安倍政権を支持していない国々 中国と南北朝鮮のみ

さてさて、またフェイスブックに戻りまーッスb
関連記事
Comment
訂正
強硬採決

強行採決

スマホからの投稿でした。
んー、まだ慣れない…
ウダモさんへ!!
ご無沙汰してましたね~~汗)
見方が素晴らしいですねー。安保法案には反対ですが、中・韓にはうんざりしています。劣等国です。自然遺産にもいちゃもんつけたり嫌な国です。
尖閣も中国は攻めて掃きません。日本のマスコミがあおってるだけでしょう汗)
自衛隊は世界有数の強力部隊です。本当は米国の核の傘もいらないのですがね~~

民主党は終わってしまいました。自民党の支店となってます。自公は楽で笑ってるのでしょうね~~困った現象ですがいまのところはじっと待つしかありません。涙)
あら〜ご無沙汰です鷹虎さんb
まあ、賛成も反対もあって当たり前なのが民主国家ですよb
でも不思議な事に、この国では賛成の声はひとつも聞こえてこないのですよ、特にテレビ東京や地方局を除く全ての局では^^;
なんでだろう(≧∇≦)??
まさか言論弾圧ですかね??
そんな事は無いと思いたいですよホントw
とある政党が、とある過激派のメンバーを使って、『誰の子供も殺させ殺助コロちゃん』とか言って立ち上がったとか、なぜか街頭インタビューなのに、同じ人がデモやってたり
…沖縄の『市民』の方々と同じ顔をした人がいたとか…
…んな事あるわけないですよネ!

私はそんな事は全く信じられないので、噂だと思ってますけどね(笑)
でも、もし本当なら?…と考えると、やっぱりマスコミは信じられませんね〜w
であるからして、中国が攻めてくるなどというマスコミの煽りも信じられませんよね〜同感ですっ!w

ただ、単純に、万が一の事が起こらないとも限りませんしね^^;

まあ、普通に、自然の感覚で、備えあれば憂いなし…でしょうねぇw

アメリカに関しては、長年の間に騙され、利用されてきた日本なので、それだけに焦点を当てれば、当然、アメリカの傘の下でおさまるなんざ、あり得ないのが本音ですけどねb

そして、アメリカが何より日中戦争をさせたいというのも周知の事ですが、これもまた、頭の使いようかな、と。

万が一、中国が中国が暴走した場合、単純に戦うのは、1人より2人というように、日本だけで中国の暴挙を食い止めるよりは、アメリカちゃんを使ったほうが楽ですしねw

まあ、先日の法案採決の時にのように、心穏やかに粛々と採決がなされたように←、日本が冷静でいる限り、戦争は起こらないと思いたいですネ〜w

拉致被害者の方々の事を思うと、何もせずいるのは失礼なので。

誰でも戦争はしたくないのは当たり前なので、戦争をしなくて済むぐらいには、防衛と憲法を鍛えておいたほうがいいかなと。
自国を防衛するのは、合憲、違憲の前に、国際法によって認められた自然権ですので、日本の最高裁であれ、国際秩序を守らなければなりませんものねw
世界的な秩序に合うようにするしかないので、大変ですね〜^^;

まあ、アメリカの傘の下を抜けるのであれば、安保法案なんぞより面倒臭い事が多くなりそうなので、これもまた大変ですね〜w

まあ私は、明日のご飯のメニューのほうが心配なんですけどねw
なるようになるんじゃないですかね、全て^^;
ウダモさんへ!!
こんにちは!
基本的には同じ日本人だと言うことですね~~!
問題はメデイアの偏った見方の報道にあり、国民が騙されているのですねー。右も左も同じですね^^
安全は大事ですし、中国や北朝鮮も危険ですが、米国が大体裏では仲良く取引をしてる限りは戦争は起きませんですねー。
ただこの安保法制案は学者とかこの歴代政府の見解を超えていることがまずいのではと思うのですねー。
個別的自衛権を強化すればすむことのように思いますが・・
北と南も戦争は起こさないでしょうね。米国や中国が境界線を必要としてるから・・緩衝地帯が必要なのですねー。陸続きになったらそれこそ、戦争に発展する恐れがありますものねー。
私は、戦争体験者であり被害者家族ですので、どうしても安保法制案は危険に感じるのですね^^。
では又、宜しくお付き合いをしたいですねー。かぎコメで結構ですから・・笑)
鷹虎さん、こんにちは〜^ ^b
そうですね〜、右も左も戦争をしたくないという意見では一致している事をご理解頂けて安心しておりますよ^ ^

ただちょっとだけ意見の違いがあるので、簡単に説明させて頂きますね。

①歴代総理大臣について

まず、お手数でなければ『日本人奴隷化計画』とウォーギルトインフォメーションプログラム略して『WGIP』というのを検索して頂ければ、歴代総理大臣の政治感覚というものが、必ずしも正しいとは言い切れない事が解ります。

むしろ、アメリカのために日本が存在していた事が明確に判るものであり、これら重要な事柄は、ネット情報という不確かなものでなく、アメリカが正式に『こっそりと』公にしたものです。

これを踏まえた上で少し補足しますが、オバマ政権の誕生、ノーベル平和賞受賞がありました。
がしかし、ご存知の通り、オバマは平和主義者ではありませんw

ここまで順調にきたアメリカの計画ですが、オバマによる『アメリカは世界の警察ではない』宣言によって、少しずつ歯車が狂い始めます。
話すと長いので、詳しい事は割愛させてもらいますねw

このような状態で、日本が今まで通りにアメリカの傘の下でぬくぬくと生き残るのは不可能となりました。

けれど、だからと言って、アメリカをすぐに排除し、完全なる独立を果たす事は、かえって日本に不要な戦争を引き寄せてしまいます。
それは、中国の暴挙の数々を見ていれば判りますね。
この場合、基地など、日本がアメリカを排除した途端に、中国による『更なる』侵略は加速すると容易に想像出来ますね。

では、どうすれば戦争に『巻き込まれずに』いられるか?

アメリカからの完全な独立を目指すなら…
①早急に憲法を作り直す
②その際、憲法9条を破棄する
③日本国軍を誕生させる
④核保有国となる
⑤防衛費は最低でも20億円以上にする
⑥消費税を大幅にあげる(40〜50%)または、それに相応出来るような税収入源を確保する

これら全てをクリアしなければ、日本は完全にアメリカから独立するのは無理だと思いますよ。
これが現実かなあと。

では、左翼の方々の言う通り、現状維持のまま、日本が戦争に巻き込まれない為には、どうすればいいか?

①国連を脱退する

②鎖国する

最低限、これだけはしないと日本は否が応でもでも戦争に巻き込まれます。
ホルムズ海峡のみならず、日本のチョークポイントであるマラッカ海峡、ロンボク海峡の確保だけを見ても明らかですね。
ここを封鎖された場合、まさに歴史は繰り返される、というように、日本は否が応でも生命線確保の為に戦争に巻き込まれる他ありません。
迂回路という案もありますが、その迂回路までも封鎖されたらどうしますか?
このように、貿易に頼って生きていくしかない日本にとって、機雷掃海だけでも、大きなリスクが伴います。
しかも鎖国となれば、貿易など出来ませんw
ですから、鎖国は不可能ですね。

では、機雷を設置した国がやればいいという反論の声が聞こえてきそうですが、残念ながらそれも不可能ですねw
国連を脱退した時点で、アメリカに頼る事は出来ないので、無理です。
誰も、どの国も、助けてくれないでしょうね。

その上に、戦う事を禁じられた憲法9条があるので、チョークポイントに近づく事も不可能になり、日本はただ、餓死するまで待つ他ありません。
では、完全な自給自足でいいじゃないか、と言われそうですが、エネルギー問題も含む資源の確保が、まず難しいですね。
日本には、メタンハイドレートという画期的な次世代エネルギーが眠っていますが、それを実現するにしても、現存するパワーバランスを崩す事は免れません。
争い無しで済めばいいのですが、世界はそう甘くはありませんよね^^;
やはりここで一度、戦わなければならなくなりますね。
そうなると、国際的に正統に戦う権利を得なければなりませんね。
ここでやはり、憲法を含む、ありとあらゆる制度改革は避けて通れません。

①については、ご存知の通り、国連に属するという事は、国連憲章に従うという事にもなりますね。
それを脱退するという事は、全て自力でやらなければならないという事になります。
記述の通り、それが無理であるならば、国連に在籍したまま、現状維持する道を模索せねばならないですね。

今までのように、一部日本人側の意見を通すとなると、必然的にその世界的常識から逸脱する事になります。
では、なぜ今までそれがまかり通ってきたのか?
これについては前述の通り、日本はアメリカの傘の下で守られていたからに過ぎません。
がしかし、ここに来てアメリカの弱体化が進み、世界のパワーバランスに亀裂が生じてしまいました。

つまりはもう、今まで通りにはいかないという答えが出ているのです。

個別的自衛権だけで、どうにかなる時代が終わったのですよ。
北朝鮮による日本人拉致、竹島や尖閣諸島の侵略、日本領海内における珊瑚略奪などなど、日本の主権を侵されても尚、平和だと錯覚していられた時代は終わったのです。

②の鎖国については、外資が入ってこないので、どうなるかは想像に難くはありませんよね^^;

外資だけではなく、日本人の知的水準も下がりますね。
つまり、他国との交流なくして知的意見の交換が不可能になります。
そうなると、新しい開発や学問の情報入手が出来なくなり、日本人はどんどん退化していくしかありません。
こと学問に関しては、『常に学び続けなければ』退化する一方です。
インターネットテクノロジーなど特に、『交流』無くしては『進歩』は不可能です。
いわば、サイバー領域は常に流動的なので、その範囲が狭まる事は情報『量』の限界をも狭くしてしまう為、その範囲でしか成長出来なくなります。
つまりは、やはり進歩とは程遠い『退化』に向かうしかありません。

これだけ技術が進んだ日本の様な国が鎖国するのは、脳死状態に突入するのと同じです。
やがて反発が起き、内乱が勃発するでしょうね。
他国との戦争が起きない代わりに、国内での殺し合いが始まるでしょうね。
日本殲滅作戦を基軸に動いている共産党などは喜ぶでしょうが(笑)

しかしここでややこしいのが、そんな日本を世界が放置するのは難しいという事ですねw

全てにおいて奇跡的なほど、優秀な日本の力を世界が必要としているからです。
日本無くしては、どの国もこれ以上発達するのは無理です。
特に軍事開発の分野においても。
これは誇張でもなく、事実ですから仕方がないw
特に、世界のパワーバランスを変えてしまうほどの技術力、つまりは次世代エネルギーについても、特許のある日本人と日本国の技術無くしては、宝の持ち腐れになってしまいますので、鎖国したくとも、世界が許さないというのが妥当な予測ですね。

世界は今、パワーバランスも含めたシフトチェンジに移行しています。
そんな時に、日本は必要不可欠な付加価値の最も大きい国であり、日本を抜きに進むのは困難でしかありません。
私としては、日米印の三ヶ国が世界の中心になると踏んでますがねw

それと、鎖国するとなると、帰化人を含む全ての外国人とその家族は、祖国へと帰らなければなりませんね。
芸能界だけでなく、政界にも、企業にも、あらゆる所にそういう方々は居りますので、日本の過度な人口密度は解消されるでしょうがw

長くなりましたが、もうひとつ。

憲法学者について。

日本では今、この憲法学者の論を用いて、安全保障などの違憲性を話し合われていますが、憲法学者の存在意義から申しますと、国の決める法案について、彼らが議論のテーブルに着く事自体が間違っている事にお気付きでしょうか^^;

憲法については、その合憲、違憲を決めるのは、学者ではなく、最高裁ですね。
憲法学者については、現存する憲法についての研究止まりです。
その憲法に意義が生じるのであれば、最高裁にて判断を委ねるしかありません。

そしてその最高裁の基準とするものが、国際法です。

国際法は、国連憲章に基づいて判断が下されます。

国連憲章においては、『どの国も』、個別的、集団的自衛権を認めてます。
つまり、両方あっての自衛権であり、それを行使する事は、自然権と同等と理解されています。
加盟国全てが平等に与えられた権利です。
そうなると、個別的自衛権だけでいいという日本の感覚は、世界的にはイビツで受け入れられないものとなるのは必然ですね。
まさしく、世界から孤立した状態です。

それだけではなく、他国との『協力』をもとに活動している国連の理念からも逸脱していると見なされますね^^;

日本が危険にさらされたら、他国の兵士の命を盾にしてもらうけれど、他国が危険にさらされたら、日本はお金だけ出すので勘弁して下さい…というのと同じになりますね。
これは、普遍的倫理観からも逸脱しています。
簡単に言うなら『身勝手』という事になりますね。
命とお金の価値の重さを考えれば、納得です。

従って、国連にいる限り、日本は他国との相互協力を止めるわけにはいかないのですよ。

では、南北朝鮮の戦争が再開したら、日本は米軍と共に戦場に赴かなければいけないのか?という質問が多いですが、朝鮮戦争に関しては内政干渉にあたるのと、日本は朝鮮有事の場合においても、そのような状況になった場合は、中立という立場をまず最初に取りますので、朝鮮戦争再開=戦争に巻き込まれる、という『煽り』通りにはいきませんね。
これは、どの国においても同じだと思いますよ。
他国の戦争は、基本的に内政干渉干渉にあたるので。
よほどの利害が絡まない限り、また国益に影響しない限り、進んで他国の戦争に参加する利点が見つかりませんね^^;
ちなみに、邦人救出は戦争ではなく、正当防衛に当たると思いますが、ここら辺はどうなんでしょうねえw
自業自得じゃダメっすかね←

安倍さんの言う通り、自国の主権や利益が侵害されない限り、どの戦争も、内政干渉でしかないという事ですね。
よって、今回の法案可決が、即戦争突入というマスコミや、『雇われ』市民の『煽り』通りに進むと考えるのには無理があり過ぎますね〜w

マスコミは報道、取材しないので判りにくいと思いますが、多くの戦争体験者である日本人の方々や、沖縄の方々は、今回の法案可決に対して納得されているようですよ^^;

現状維持のままでは、どう考えても国益を損ない、どう考えても、中国に利する事にしかならない、とお考えの方々が圧倒的に多いようです。

その証拠に、麻生さんの情報では、法案可決後に予想された反発の電話が一本もなかった、というのがありますね。
『待ってたんだけどな〜、もしかして日本人の方々は、この法案に反対じゃなかったの?(笑)』という麻生さんの声w

これに表れているように、多くの反日マスコミの派手なパフォーマンス映像や、偏向的な情報操作の努力の割には、国民からの反発が無いに等しい事が明らかになってしまいましたw
一部の方々には残念でしょうが、中国の時代は終わってます。
あとは時間の問題であり、杞憂すべきは、中国の内乱勃発と暴走ですね。
ヤケを起こして日本に特攻してこないとは限りません。
日本は早い段階での強固な防衛と法整備を行うべきですね。
備えあれば憂いなし、です。

アメリカ憎し、は内心では誰でもそう思っていますが、国益を考えれば、回り道をしなくてはならない時もあります。
安倍さんは、機を狙っていると思いたいですが、そこまで時間があるかどうか…。
ですから、基盤となるものだけは彼に任せていいと思っております。
私は、自民党への全面支持はしていないので、他の政権になった時にでも、打倒アメリカを目指していけたらなと思っております。

その時には、日本奴隷化計画など吹っ飛ばして、大国アメリカと肩を並べて歩いていけたらなと思いますw

世界の中心に相応しいのは日本です。
その事に世界が気づくよう、日本は注意深く進んで行く必要があると思いますb

まあ、大丈夫でしょう^ ^b
…というのが私の考えですよw
…楽観的ですかねえ(笑)

最近、ブログよりも、早いツールを見つけてしまいまして^^;
専ら、そちらで楽しく騒いでおりますww
皆さんのところにもお邪魔したいのですが、なかなかPCを開く機会が無く、疎遠になっております。
鷹虎さんのところにもお邪魔したいのですが、私という人間は、限界を感じてしまうと、どうも無気力になってしまうのですよw
鍵コメとは言わず、訪問するときは勿論、ほとんど隠す必要がない限り、オープンでいたいと思っております^ ^b
ただ、そうすると一部の方から低脳な反論しか返ってこない為、議論する気も失せてしまうのですよ^^;

議論が出来ない相手とは、議論しても無駄なので、限界が見えてしまうのです。
一部の方が、私とのディベート可能なレベルにまで達すれば、いつでもお邪魔させて頂きますよ〜^ ^b
鷹虎さんのブログの雰囲気は好きなので、またいつか寄らせて頂きますよ♪

ありがとうございました(^-^)/






一言
自衛隊のリスク増とか、戦争に巻き込むなとか、おっしゃる方多いですが、勿論誰もが戦争せよ、自衛隊が犠牲になれ、なんてかたいませんし、私もあってはならないと思います、

防衛大学、防衛医科大学に入学すると、授業料は勿論、生活費、医療費は税金から支払われる、そのうえ年間100万以上のお給料がでる。
私立医学部に入学すると、何千万の授業料なんですよ、それが無料。
リスクはあって、当然なんですよ、限度がありますがね。
それが嫌な親は入学させない。これが事実です。

どこかのブログで、自衛隊もデモをやればよいのにとか、書いてる人いましたが、するはずないじゃない、
皆さん、決意をもって入隊されているのです。

はるママさん、おっはよーんw
まずは、娘ちゃんの防衛大学医学部合格おめでとうございます♪
でも行かなかったけど←
あんな難関大学蹴るって、どんだけよ、ア〜タwww
国立医大のトップ5の成績上位者なら、まあ納得だけどねw
いやマジで天晴れ‼︎
本当に凄いよ!^ ^!
これね、もう言いたくて仕方なかったのよw
良い機会だから、言っちゃったw
まずかったら、後で言ってネ←
本当に本当に、おめでとう!
やっぱ娘ちゃんは只者ではない!
将来、必ず世に出るからb
今から言っておく!
私がお友達のウダモさんです!←
インタビューに備えてダイエットしとこっと←
ひゃー楽しみ〜♪

そうだよね、行かせたくないなら行かせないだけだよね〜b
防衛大学だって、自衛隊だって、それぞれ意志が優先されて然るべきだもの。
その上でのリスクは勿論、ご本人もその家族も覚悟の上だと思う。
これは本当に有難い事だし、尊敬に値すると思う。
それなのに、覚悟の命と崇高な精神を利用して、それを盾にとって言論の場に引きずり出すのは卑怯極まりないなあと。

自衛隊のリスクを考えない人なんて、日本人なら居ないと思う。
日本人なら、ネw
だからこそ、無駄にして欲しくない。
出来る限りの事を準備して、彼らを守るのが国の仕事だもんね。
それに、自衛隊員を育てるのに、どれほどの時間と税金が掛かるか…ひとりひとりの命が国益にも影響する訳だから、万全の準備をして、国が全力で守るのは当たり前。
その為の集団的自衛権であり、安保法制なのにね。

自衛隊員の皆さんの命を守る為にも、国民は一丸となって、現政権の邪魔をしてはならないと思う。
国が守ろうとしているのは、彼らのような崇高な人達であって、中国やアメリカの国益を守る為じゃない。
戦争反対派の方々には是非、中国大使館前でデモをして頂きたいなと。

この問題、とても難しいと思うし、賛成も反対もできません。無責任でいい加減ですね。ただ、深くなにも詳しいことを解らないまま、流されるようにデモに参加されてる方よりましかなと?

デモに参加されてる学生さん!まずいでしょ、まあ、自分の将来かけてやってんのかな?
まず、賢い子なら、解りますよね、私でもわかるもん。

私もうだもさんのように、勉強してしよ。何事もだけど、まわりに流されたらだめですよね。
はるママさん^ ^
そうだよね、解らなかったら解らないでいいし、安易に流されて共産党主催の過激派デモに参加するほうが危険。
つるのさんが、素朴な疑問をツイートしただけで、左翼勢力から相当な圧力かけられてるみたいだし。
つるの剛士さんのような、『知らない』人が、反対ばかりの意見を流す報道に疑問を抱き、賛成の人の意見も聞きたい、と言っただけなのにね。
彼のような感覚こそが普通だと思う。
解らないのなら、疑問を持つ、これが人間の習性なのだから、疑問さえも持たせないように誘導しているマスコミは、完全に独裁者そのものだよね〜。

まあ、デモに参加しちゃった若者に関しては、あちこちで『就職活動に響きますよ?(笑)』と拡散してるらしいから、いい加減バカなりにも目が醒めるでしょうねw

実際、そういう質問が多いので、答えただけなんだしw
右も左もなく、偏った思想がない人材を企業が欲しがるのは常識だものね。

今のご時世、解らないままのが危険じゃないのかも?w
最近の若者を見て、時々そう思うなあ〜。
こんばんは
日本の一大転換点を見ましたね。
いよいよ日本もまともな独立国家への第一歩を踏み出しましたね。
「戦争をする国になる」とか『徴兵制への第一歩』なんて言う左巻き市民のたわごとなんかほっとけ、つーんだ。
そしてくさったマスゴミ連中、どうして賛成意見を流さんのだ?それだって立派な言論統制じゃ。
ともあれ日本は自分で自分を守るため歩き出そうというわけでこれはお祝いレベルですよね。
今までがいかにおかしかったかを検証すべきですよ。
見張り員さん^ ^b
何気に歴史的変動の瞬間でしたね♪
テレビの偏向報道に対しては、そのうち法の手入れが入りそうですよw
このおかげで、過激派テロリストと癒着している輩とか、お里が疑わしい方々が、呼んでもいないのに声高々に名乗り出てくれているので、識別し易くなり、公安関係者は喜んでいるそうですよw
すでに、マスコミが嬉々として取り上げていた、いわゆる街頭インタビューの市民が何人か逮捕されているので、マスコミまで捜査の手がのびるのも時間の問題ですね〜w
マスコミの次は、中国と癒着の濃い政党の番ですb
楽しみですね〜^ ^b
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。