HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦という売春婦について真剣に語ってみた。

慰安婦問題ではテキサス親父さんやケント・ギルバートさんが頑張って韓国の嘘をあばいてくれていますが、このたひマイケル・ヨン氏というアメリカのジャーナリストが立ち上がってくれたようです。

加えて中国による要請で、アメリカでは8年間と莫大な資金を使って日本のあら捜しをしていたようです。
14万ページに及ぶ資料の検証が終わり、『何ひとつ強制連行による性奴隷の証拠が見つからなかった』という結論に至りました。

これについてアメリカ側は『残念だ』というコメントだったそうで。
なのでまだまだですよ、この問題。

マイケルさんの記事を読んでみると、真に緻密な取材を行っており、見るところ隙などありませんでした。
けれど、これに対する一般のアメリカ人のコメントを読んでみると、納得していない方々も少なくないようでしたね。

たとえば親戚に韓国人がいて、その人から聞いた話だと 『日本にいた頃は、日本語を強制されたし、朝鮮の文字も書かせてもらえなかった』…という事なので、たとえ軍による強制が無かったと言っても、日本に居た朝鮮人はあらゆる生活面で強制を受けていた。だからこの問題で証拠が見つからなかったとしても、日本による強制性は全く無かったとは言えない。
…などなど、論点のすり替えに移行して核心がどうでもよくなっている始末。
ま、これもひとつひとつ論破していくしかないんでしょうけど。

う~ん、やっぱり厄介ですねぇ。
私の推測だと、強制していたのは日本政府ではなく、日本に住む事を決心した彼らの両親ではないかと。
事実、日本は何度も彼らに帰還援助をしていましたから、少なくとも日本に残るのは彼らの『意志』だったと思いますよ。
そうなると、日本人として生きていくためには祖国を封じるしかないですからね。
ほかの外国人と違って、彼らは祖国による迫害や貧困から逃げ出してきたわけですから、なにがなんでも日本に居たかったのだと思いますよ。
日本人による差別やいじめから身を隠す意味においても、彼らはその素性を隠したほうがいいと感じたのではないでしょうか。
それを日本による強制だとして解釈されているのだから、本当に疲れます。

ではなぜ、いじめや差別を受けたのか?
1949年に吉田 茂がダグラス・マッカーサーにある嘆願書を出しています。

・自国民でさえ貧困状態なのに、彼らのぶんまで食料を調達するのが難しくなってきた
・朝鮮人による経済向上が見込めない
・朝鮮人による犯罪が多すぎる(日本人の6倍)

などの理由で彼はアメリカに嘆願書を送りました。
どうやら日本人社会と上手く融合できていなかったようですね。
これらの事柄からでも、問題は日本人側だけのものではないということがわかります。
だからといって、いじめや差別を容認するわけではないですけどね。
子供の喧嘩のときと同じように、両サイドの言い分を聞くのは大事ですから。

それにしても、いったん『奴隷』とか『強制』という言葉に縛られてしまうと、どう証明してもダメみたいですねぇ…。
加えて『女性』という、いわゆる守られるべき性が絡んでくると、盲目的に保護本能が働いてしまいますから。
おまけに、『ご老人』という存在は本能的に『嘘をつくはずがない』とか『嘘であるはずがない』などという刷り込みがあるので、日本側の極めて冷静な、そして論理的な見解など聞き入れてもらえるはずもなく…。

いまだに、多くの外国人がこの巧妙なプロパガンダに騙されてしまっているのが残念です。
しかも日本人の中にも戦後GHQによるプロパガンダを盲信してしまっている人が少なくないですからね。
いわゆる、日本が悪というプロパガンダですね。
原爆2発も落としておいて正義を語るなんざ、日本人からしたらとんでもない悪なんですけどね。

日本という国にいながら、いまだに共産主義を崇拝しているような方達の存在も厄介です。
彼らの主張はすべて中国に有利になるようなものばかりで、国益を考えているようには見えません。
むしろ日本国としては『危険分子』でしかなく、実に厄介で迷惑な存在です。
平和を語り、日本を無防備にしようとしたり、共産主義の崇拝者だというのに、『自由』を求めたりと、実に支離滅裂で意味不明な存在です。

とにかく。
まだまだ時間がかかりそうですね。

それまでは、パクによる慰安婦像のマーキングは止まらないのかな、と。
非常に腹立たしいですけど、真実はひとつ。
必ず嘘はバレると信じています。

つか、マスゾエ、都知事の仕事しなさいってば。
あ~た何様よ??
外交に口出す身分??
勝手に頭下げるんじゃないわよ。

あと、報道は公平と真実が当たり前!
頭足りない、ろくに資料も調べてない芸能人使って誘導的にコメントさせるんじゃないわよ。
公平に賛否両論を示せというのが、弾圧デスカ??
賛成意見も反対意見も両方示す事のどこが偏向なのかしら??
あ~た達はね、たかがマスコミなんだから身分をわきまえて社会の事実だけを伝えてりゃいいのよ。
学者や教授でもあるまいし、いっぱしに自論をタレ流すのはやめてちょうだい。100万年早いのよ。

それと学者とか教授。
テレビなんか出て専門外のことまでコメントさせられて、筋違いのコメントを無理やり捻り出して赤っ恥かいてるじゃない。
精通している人が見てたら、画面の前で大笑いしてるわよ。

それと息子とサブちゃん。
あ~た達、食べすぎなのよ。
いい加減にしてw


…はあああスッキリしたっ!ww


関連記事
Comment
こんにちは
「強制連行による証拠が見つからなかった」
この話は私も知って驚きました。と同時に、
なぜ日本政府は、この問題をいままでずーっと
放置してきたのか、不思議に思いました。

ネットで、この話は韓国から出たというより、
中国から出たのだという話を今日見かけました。
いずれにせよ、あの小野田寛郎さんも、
そんなものはなかったと語っていました。
日本政府はいくらでも調べようがあるはずです。
外人から真実を教えられるとは、情けないですね。
バーソさん
確かに日本政府の対応が鈍いですよね。
というか、外務省。
やはり大和田家と大きく関わりがあるようです。
近頃、その関連の情報を集めて調べてますけど、やはり皇室も乗っ取られてしまったようです。
手遅れなのかなぁ…残念で仕方ないです。

河野を国会に呼べないのは、やはり大和田家との関わりを避けて通れないため、呼べないのだと知ったとき、なんとなく納得できました。
皇太子妃のお父上に火の粉が飛ぶのは避けたいというのも理由のひとつなのかなと。
まさか河野と同様、犯罪者扱いできませんものね。
まったく痛いところを突くなぁ…。

しかし本当に情けないですよね。
マイケル・ヨン氏も、日本はこの結果をもって堂々と立ち向かってもらいたい、と言っていましたけど、これだけオシリを叩かれても動こうとしない、あるいは動けない日本の状態が情けなく、そして苛立たしいばかりです。

雅子様が皇室に嫁ぐとき、小和田家では家族写真が公表されましたけど、テーブルの真ん中に飾ってあったのが、北朝鮮の花と言われている非常に珍しい品種の赤いお花でしたね。
金家だけしか飾れないお花だそうです。

娘のお嫁入りの記念写真に、なんでその花??と思いますけど、色々と知っていくうちに理解しましたよ…。
はぁ…なんというか…もうw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。