HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隔離は差別ではなく、安全確保の為の措置です。

洗濯も終わり、時間に余裕があったので録画しておいたバラエティー番組を見ました。
久しぶりに観るバラエティー番組ですよ。
近頃はどうなの?という素朴な疑問から、一時間の視聴に耐えられる程度の番組を選んで録画しておきましたw
なにせ、じっと座ってテレビを見るのが苦手でww

ある問題に答えられた人だけが、ある食べ物を頂く事ができるという内容でしたね。
私は勝負事は嫌いじゃないですけど、食べ物での『おあずけ』というのがちょっと苦手です。
他の事で勝負するならまだしも、食事に関してはみんな一緒に食べようよ、というのが私の中にあるので、負けたからといって食べさせてもらえない人がいるというのが耐えられないんですよ。
で、よくもまあ、食べられない人の前で美味しそうに、そして見せつけるようにして食べられるな、と。
番組の中での方針とか指導のせいでしょうけど、観ている私としては見苦しいの一言です。
食べている人より、食べられない人のほうに目が行ってしまう。
ある意味、いじめに見えて仕方ない。
大げさかもしれませんけど、ああゆうのはいただけないかな。
いじめって人によって解釈の尺度が違うかもしれませんけどね。
私は、ああいうの嫌いです。

いじめと言えば、大阪が初の試みに挑んでいるようですね。
問題児とされる児童の隔離です。
これ言い出すと、遠くから見ているだけの人々が差別だとか言いそうですけど、現場、つまり近くにいる人にとっては救いの光だと思いますよ。
私が学校でお手伝いをしていた頃、こういう問題児をたくさん見てきましたから。
ハッキリ言って先生だけではどうしようもないです。

私が出会ったある年輩の女性教諭のお話ですけど、彼女は生徒から暴力を振るわれ、メガネがゆがむ程変形してしまいました。
時には男性教諭に応援を頼んで押さえつけてもらったり、ある時には別室に閉じ込めて隔離したり。
その間、もちろん私達はドアの外で待機してましたけど、暴れる生徒を閉じ込めた部屋からは凄まじい音が聞こえてきましたよ。
机や椅子を投げたり、とにかく生徒の興奮が収まるまで私達は近づけませんでした。

窓ガラスの割れる音がしたら救急車を呼ぶか警察を呼ぶかしないといけません。何故かというと、やけになった生徒が興奮して飛び降りてしまうケースもあるからです。
勿論、生徒を隔離する前にはちゃんと施錠確認した上で隣で待機してましたけどね。
ガラスを割られたら、緊急事態の合図です。
止めに入った先生も含めて命の危険にさらされるのも確かですが、生徒の命を第一に考えた時、見ているだけというわけにもいかないのです。
私が関わった学校の先生方は、親後さんから大事な命を預かっている、という使命感が強かったですから。

そしてもうひとつのケース。
これは大阪府の言う暴力行為レベル4、5には当たりませんけど、厄介なラインとなるだろうなと予測されるケースがあります。
それは生徒による性的行為における他生徒への悪影響です。
時おり、社会性が未熟な生徒がいますが、そういう生徒の場合、他の目を気にしません。
なんらかの事がきっかけとなり欲情した場合は大人がすみやかに止めないと止める事が困難です。
そういった子(男女に限らない)の性衝動は、いつ起きるか予測もつきません。
授業中であっても性器を触ったり、無意識でしてしまう事もあります。
こういった子を四六時中監視するには、ひとりの先生では無理です。

最後に述べたケースは希でしょうけど、後々になって問題提起されるだろう事は予測できますね。
ただ、現在の応急措置として前述した暴力行為防止による隔離はアリだと思います。
私としてはレベル4からというのは、ちょっと甘い気もしますがw

これは差別ではなく、区別だと思いますよ。
こういった問題児のおかげで怯えきって学校に来れなくなる子も少なくはありません。
橋下さんの言う通り、真面目に学校に来ている子がバカをみるハメになります。

差別を掲げて人権問題にもっていこうとするなら、配慮するべき対象の優先順位で考えてみれば明確かと思います。
つまり、世の中は弱い者を優先的に助ける傾向がありますから、この場合、弱い立場であるのは明らかに暴力を受けている子供、そして先生という事になります。
となると、暴力行為をしている生徒を優先的に考慮するのは難しいですから、今考えるべき優先順位はダントツ被害者側だという事になるでしょうね。
というわけで、人権うんぬんは通用しませんよ、とw
テレビなどでは情にまかせた無責任なコメントが多く取り上げられていますけど、じゃあ現場にいってあなた1人で対処できますか?と問いたいぐらいですよw

生徒の中には理由もないのに、ただ『誰でもいいから殺してえ!』と叫んで廊下を歩いている子も居ます。
そんな子とすれ違うだけでも、かなりの覚悟が必要になります。
優しさや愛だけで、どうにかなる問題ではないです。
対話する以前に、衝動をおさえないといけない。
目をみて話してもらう、つまり、その子に話を聞いてもらえるようになるまでの対処が必要なんです。
優しさや愛を理解してもらう為には、すみやかに環境を整えないといけない。

橋下さんの今回の提案は良いと思いますけど、私としてはまだ甘いとしか言いようがないですね。
つまり、応急措置だけで原因となる親やまわりの環境にまで手が伸びていない。
こういう問題児の親は必ずと言っていいほど、子供にも学校にも関わってきませんから。
家庭訪問をしても居留守を使われてしまう始末です。
法的になんらかの束縛を与えた上での『親との対面確保』をしないと、根本的な問題解決にはなりません。
そういった意味で、橋下さんは第三機関による関与、つまりスクールカウンセラーなどの増設を示唆しているのだと思いますが、今のところ、そこまでハッキリと言及できない状態でしょうね。
なにせマスコミがまた、要らぬ感情論を掲げて批判めいた論調を広げようとしているみたいですから。

慰安婦然り、たかが売春婦もどきに振り回されてしまう情の国、日本。
売春婦なんかよりも、国の宝である子供達を救うほうがよっぽど有益だと思いますがねw
他国の女の汚れたオマタなんてど~でもいいから、自国の女の産みっぱなしのオマタを心配しろよ、と。
ああ、あとヤリちんだけの男もどうにかしないとだめザマスね←

生殖機能だけ完全完備な『なんちゃって親』または『人間もどき』の更生もセットでやっていかないと、こういった問題児は後を絶たないと思いますよ。
余計な配慮だとか、情は置いて、まずは子供達の事を一番に考えて、良策を生み出してもらいたいなと思う今日この頃。
関連記事
Comment
こんにちは
>配慮するべき対象の優先順位で考えてみれば明確
そうです。
よく、人権だ人権だと叫ぶような人は、優先順位を間違えてますね。
どうして被害者より加害者の人権のほうが気になるのでしょう。

このニュースのことはよく知りませんが、この記事を読んだら、
「隔離」もひとつの方法としてあり得ると思いましたね。
こんなとき、愛とか優しさとか話し合いが必要だと言う人がいますが、
そんなことがまったく通じない愚かな人間もいますよ、本当に。
現場はスゴんですね...
こんにちは!

教育の現場がここまでひどくなってしまって
いるとは、もの凄いショックでした。
私も教員免許はあるものの、教職は無理だろうと
早々に諦めた口の人間ですが、当時からすでに教育の
現場が荒れている指摘はありました。決して子供
好きのきれいごとで済まされる世界ではないと。

今回の橋下氏の策については、きっと差別だと
言い出す人達がいるんだろうなと思いつつ、私は
差別じゃなくて区別でしょと思っていました。

犯罪被害者の人権同様、普通の圧倒的多数の
生徒たちにも、穏やかな環境で学ぶ権利があるん
ですよね。しかも隔離した子たちはきちんと更生が
考えられているようだし。それにしても日常的に
暴力や、モンスターペアレンツに晒される先生
たちは、お仕事とはいえ大変です。

ウダモ節は、誰にもマネのできない個性で
しょうか。こんなブロガーさんはいないと思って
います。鋭い視点と、ご自身の豊富な経験と、弱者
に対する穏やかな視線その他もろもろが、複雑に
共存する不思議な個性。

このブログ、是非是非なが~く続けてください!
私は橋下さんの意見には大賛成。

特に公立の小中学校をどうにかしないとなりませんね。

娘が小2の時、クラスメートの男子が喧嘩をして相手の男子の頭を椅子を振り上げ殴ってしまった、プロレスですか?

勿論、何針も縫う大怪我ですよ。流血です。
こんなクラスメートと一緒の教室にいたら怖いですよね。

娘の小学校が特別悪いわけではありません。逆に地域的にはよい所にある学校です。これが今の現状です。

だから中学受験で私学に入れました。

勿論、6年間危険なこともなく、先生のレベルも高く、本人も楽しく通えました。
先日、長崎の修学旅行で被爆者の語り部さんに『死にぞこない』と暴言をはいた中学生の通ってる中学校を良く知ってるんですが、崩壊してるようです。子供だけの責任で片付けられないことは沢山ありますよ。

クラスメートに多大な迷惑をかける生徒は隔離されるべきだし、しなければならないですよね。

まぁ、綺麗事ばかり言う方は差別だとか人権の問題とか、言うんでしょうね。

みなさん、おはようございます♪
バーソさんe-460

日本人は情の人が多いですから、どうしても感情論が厚遇されやすいのかも、ですね。
人権という言葉も使いようですよね、ホント。
なんでもかんでも人権と騒がれると、かえって事が面倒くさくなってしまい、正直邪魔な時があります。
重要な事を決める時は是非、感情をわきに置いてもらいたいと思いますよね。

>そんなことがまったく通じない愚かな人間もいますよ、本当に。

これは本当にその通りで、言葉は悪いですけど人間としての対話が通じない者も少なくはないですよね。
育った環境が劣悪だと、人間って動物並みになってしまうのだな、と思わされました。
学校の前に親ありきですから、初歩段階でちゃんと育てないと学校に来てからでは遅いという事があります。
それでも先生方は色々と犠牲にしながら頑張っておられるのですが、なにせ地盤が出来ていない人間を相手にするのですから、簡単にはいきません。

この現実を社会がちゃんと受け止めて、遠くから感情論だけを投げかけてくる人々にも理解してもらいたいものですね…。

おそらく『隔離』という言葉がいけないのだと思います。
バーソさんなら、言葉をたくさんご存じでいらっしゃるので、何か良い言葉を提案して頂けそうな気がしますb


ウォーリックさんe-460

>決して子供 好きのきれいごとで済まされる世界ではないと。

この言葉を聞いて、さすがだなと思いました。
ウォーリックさんはやはり、物事の真実を見抜くのが上手ですよ。
たぶん、議論をしても論点がズレずに淡々と論破できそうな予感w

>きっと差別だと
言い出す人達がいるんだろうなと思いつつ、私は
差別じゃなくて区別でしょと思っていました。

ここですよね、全ての間違いの元は。
ここで躓くから、問題に枝葉が伸びて厄介な方向へといってしまうのだと思います。
まずここで間違えちゃいけないんですよね。
慰安婦の問題もそうで、言葉ひとつ使い間違えている為に問題があっちこっちにいってしまう。
というか、今ここ日本で起きている様々な論争は、この言葉選びに問題があるような気がします。

差別と区別。
この違いをハッキリと認識するべきですよね。
感情論だけで生きている人々には、この違いが理解できないのも当然かなと。

おっしゃる通り、被害者の人権もあるのです。
日本はどうも、被害者の人権に関しては疎いですよね。
これは『起きてしまった事』、『終わってしまった事』、『済まされてしまった事』という認識が強いからなのかなと。

起きてしまった事よりも、進行中の事に目を向けようよ…みたいな変な傾向があるような気がします。

犯罪にしても、生きている犯罪者という進行中の命の重みは考えるけれど、亡くなってしまった方の命については諦念の気持ちが強いような…。
これはなんでしょうね、日本人特有の宗教観とか、そういうものが原因なんでしょうかね。
確かに、昨日の事より今日の事という考え方のほうが受け入れられやすいですものね。

>それにしても日常的に
暴力や、モンスターペアレンツに晒される先生
たちは、お仕事とはいえ大変です。

そうなんですけど、その逆もあるんですよw
先生とは言え、人間ですし、昔のように志高く臨んで得た仕事ではない、という人がほとんどですので、やはり一般会社並みにドロドロとした感情はあるみたいですw
先生同士の派閥、なんてのもありますから(笑)

問題を抱えている親御さんは面倒くさい、問題を解決する先生はややこしい、ときたら、本当にどうしようもないですw
こういった問題がいつまでも解決されないのも納得です。
学校の先生にならなくて良かったかも、デスネw

お褒めの言葉を頂き、大変うれしく思っております!
ただ、自分の事とは思えないですけどネ(爆
のらりくらりとやりたい事をやっていこうと思いますw
ありがとうございますm(__)m


はるママさんe-460

酷い話だよねホント。
>娘の小学校が特別悪いわけではありません。逆に地域的にはよい所にある学校です。これが今の現状です。

そうそう、これ。
大阪という地域が特別悪いから、この措置はいいと思うけど、他の地域でこれをやったら問題が起きるんじゃないでしょうかね…とか言ってたコメンテーターが居たけれど、現実を知らなさすぎると思いますよ。
テレビに出てコメントするなら、それぐらいの勉強をしてこいと言いたかったわーw
ま、テレビに出ているコメンテーター(特に東京のテレビ全般)は無知なのが多いから仕方ないけどw

話は戻るけど、そういう問題児の親って、特別指導を入れようとすると拒否するのよね。
うちの子は障害じゃありません!…とか言って認めようとしない。
障害レベルではなくても、特別に指導を入れないとダメですよ、と言っても無駄。
要するに、障碍者の子と一緒にされるのが嫌なのよね。
そんなちっぽけなプライドのせいで、被害にあう子がどんどん増えていくのにね。

こんな状態だから、特に危険な小学校、中学校時代は私学で学ばせたいと思う親御さんが増えているのも納得。
ただ、私学に通わせられない親御さんには辛いよね。
だから、ここでこうしてちゃんと『区別』するべきだと思う。
公立でもちゃんと学べる環境があるという事を証明する為にも、今回のこの提案はとても良いと思うよね。
私も大賛成!

配慮するべき対象を間違わないように、大阪市民の方々には是非、理解してもらいたいと思う。

>子供だけの責任で片付けられないことは沢山ありますよ。

はるママさんのところは横浜市でも屈指の環境の良い地域だけれど、それでもこんな状態だもんね。
大阪だけではなく、どこも同じだと思うホント。
子供達だけを対象に改善しようとして出来るレベルじゃないよね、もう。
親もまとめて更生していかなきゃ、根本的な問題解決にはならないよね。

>まぁ、綺麗事ばかり言う方は差別だとか人権の問題とか、言うんでしょうね。

もうコレ本当に邪魔www
こういう輩が色々な問題をこじらせているのよね。
自覚が無いってのが、また厄介w
だから何を言っても論点をズラしてくるし、終始感情論だけで話にならんw
相手にしないのが何よりだけど、子供達の事なのでそうもいかないよね。
私達に何ができるわけでもないけれど、せめてこうして声をあげていくだけでもいいかな、と。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。