HOME
INDEX
RSS
Archive | 2015年08月

いよいよ、ですね。

余☆命さんのブログが削除されましたね。
反日勢力にとって都合が悪いのでしょう。
保守系ブログ・なでしこりんさんのブログ強制削除の時にも感じていましたが、なりふり構わない措置が、かえって反日勢力の危機的状況を露呈しているな、と。

しかしまあ、よりによって余☆命さんのブログに手をつけるとか。
また大きな地雷を踏んじゃいましたねえw
なでしこりんさんの時は、アメーバブログが在日幹部によって運営されてる事が露呈し、不当な言論弾圧をしたアメーバブログは、間違いなくマークされてしまいました。
通報ラッシュの上位にランクインしたようで、これも地雷でしたねw

しかし今度ばかりは相手が悪い。
お気づきの方も多いでしょうが、余☆命さんのブログは、なでしこりんさんのような個人ブログとは違いますよ。
だからと言って、直接政府に関係しているわけでもないのですが、これが恐ろしい事なのです^ ^b

こういう正体不明の『力』こそが、今の日本の底力のひとつである事を、削除した勢力は、身をもって知る事になるでしょうね。

こんな危険を承知で、余☆命さんのブログを削除したのなら、リスクを負ってでも『知られたくない』事実があるのでしょうね。

私の推測ですが、ここ最近、命☆命さんは、一般の在日朝鮮人の方々に向けて、ある事実を書いておりました。

敵は安倍さんではなく、民主党や朝鮮総連、民譚だという事です。
彼らは韓国に一般在日朝鮮人の方々を売り渡したのです。
現在、密かに行われている除鮮作業ですが、元々は民主党政権時代に土台が出来上がっていたのですよ。
それを上手く利用して、最大限に効力を発揮させているのが安倍さん、というのが事実です。
そして何より、韓国政府も、除鮮が速やかに遂行されるよう、法律を整備して、万全の状態で待っている、というのが事実です。
特に今の韓国は、危機的状況下にありますから、この韓国を救うには、莫大な財源が必要となります。
犠牲となるのは、一般在日朝鮮人の方々の財産という事になりますね。

反原発運動に始まり、反安保運動など、その中身は主に在日朝鮮人の方々や共産党の使役要因ら、というのが周知されていますが、圧倒的に多いのが、在日朝鮮人の方々や無知な一般日本人です。

その人達に向けての『事実の公表』は、非常にまずい。
矛先の転換は彼らにとって、何より都合が悪いのだと思います。

このブログは、介護ブログでありながら、あえて介護と違う話題にしているので、違和感を覚える方々も少なくないと思います^^;

最初のうちは、介護ブログらしくやっておりましたが、介護ランクで上位を取る事が多くなり、嬉しい反面、ちょっと不安にもなりました。
なので、意図的に今のようなスタイルを取るようになりました。
他ブログでのコメントもなるべく控えめにするようにしたり、とにかく以前のように目立たないように心がけておりました。

当ブログが何度も閉鎖、再開をして、ここまで縮小出来たのも、そういう事情もあっての事です。

なでしこりんさんや余☆命さんのブログなどには足元も及ばないブログである事も承知ですし、それどころか一般の人気ブログにも及ばないブログですw

しかし、最初に述べたように、相手はなりふり構わない状態です。
こんな小さなブログでも、いつ強制削除されるか判りません。
何より、FC2ブログですからね(笑)

ま、突然の閉鎖なんて私には関係ないでしょうがw
万が一もあるので、もし万が一、そんな事が起きたら、そういう事ですので、ご了承下さいね^^;
あり得ない事が、ここ日本で起きています。
言論弾圧。
いよいよ、来る所まで来ましたね♪
この先の大どんでん返しが楽しみになってきました!w←
一網打尽、くるか?wktk♪

アメリカは二つの国から成り立っている

何故、日本は負けたのか?
何故、原爆を落とされたのか?

答え:
民主党政権下のアメリカだけを視野に入れて決断を下していたから。

な〜んだ、こんな簡単な事か!…と思うかもしれないけれど、現在に至ってもまだ、日本人の視野の取り方は変わっていない。

これは、とある方の寄稿により知った、目から鱗の事実でしたよb

要は、アメリカという国を見る時、一国で見るのではなく、二国で見よ、という事。
アメリカは二つに分けると、民主党・アメリカ国と共和党・アメリカ国になる。

周知の通り、この二国は極端に違う。
日本が負けたのも、原爆を落とされたのも、当時の日本は民主党政権下のアメリカのみを基準にして決断を下していたから、というのが、その方の見解なのですよ。

なるほど〜!
もしあの時、日本政府が野党であった共和党と充分な対話をしていたなら、あのような悲劇も起きなかったかもしれないし、何より、現在の中国が生まれていなかったかもしれない、という事ですよ。

考えてみれば、アメリカによる日本への理不尽な対応がなされてきたのは、ルーズベルト時代から始まって全て民主党政権時代のアメリカですからね。

当時野党であった共和党は、『日本こそが防共の要である』と主張し続け、出来る限りの力を使って日本を守ってきた。
日本が分断されずに済んだのも、全て共和党・アメリカのおかげだと言っても過言ではない。

この事実からも、アメリカという国を一国として見ていたら、同じ轍を踏むハメになる事が解りますね。

従って反米か親米かという見解で物事を判断していたら、先人の失敗を繰り返すという事になるのですよ。

アメリカが行ってきた数々の暴挙を基準に、反米としているうちは日本は決して『勝てない』という事ですね。

民主党・アメリカを糾弾しても、共和党・アメリカは敵にしてはいけないのです。

従って、日本は共和党・アメリカを徹底的に支持するべきであり、民主党・アメリカを潰す覚悟で取り組んでいかなければならない。

民主党・アメリカは、基本的理念を共産主義としており、中国のような共産主義国を作る事を是としています。
対する共和党・アメリカは、共産主義を徹底的に嫌い、何より日本をアジアの要と考えています。

これらの事を鑑みて、現在に置き換えてみると、現アメリカ政権は民主党ですね。
という事は、現政権の言いなりになってはいけない、という事が簡単に解るのですが、実はそうでもない、というのが現状です。

確かに今は民主党政権下ではあるけれど、ここに来て民主党政権の理念に綻びが生じてきました。
大事に育てていた中国の崩壊が間近という大誤算が生じてしまったのです。
加えて、民主党政権下でありながら、実質は共和党政権に牛耳られているという事。
つまりは、政治に肝心要な世論が、そのように答えを出した、という事になります。

そうなると、現在のアメリカが中国を見捨てて日本にシフト変えしたと安直に考えるのも危険に思えてきます。
民主党・アメリカとしては、政権維持の為に、一時的に共和党・アメリカの意向を汲んでいるだけに過ぎず、このような期間は極めて限定的であると見たほうがいいかもしれませんね。
つまり今の状態は、日米双方ともグレーなわけです。
安倍さんがハッキリと出来ない理由がここにありますね。
グレーだからこそ、民主党・アメリカ(反日)とも、共和党・アメリカ(親日)とも渡り合わなければならない。
ちなみに、安倍総理によるアメリカ上下院での歴史的スピーチを成功させたのは、共和党・アメリカ側でした。

そして安倍さんは間違いなく、共和党・アメリカの応援に応えたのです。
ここが敗戦を招いた旧日本政府との大きな違いだと思いますね。
安倍さんは確実に『勝ちにいって』ますよ!^ ^!

民主党・アメリカが力を落としている今こそが日本のチャンスでもあるわけですね。

①日本としては、アメリカを一国として見ない事。

②共和党・アメリカを全力で支持する事。

③共和党・アメリカとの水面下の対話継続

これさえ守っていれば、日本がアジアの中心となる事は夢ではないと思いますよ。

よって、民主党政権下のアメリカという現在の状態を考えると、来週出される安倍談話は、あまり期待しないほうがいいかもしれませんね^^;

とは言っても、挽回は可能ですb
次期大統領が共和党・アメリカから選ばれれば、日本の名誉はいくらでも挽回出来ますからね♪
その時には日本もグレーゾーンから脱出出来るわけですから、安倍さんの本領発揮となる事間違い無しでしょうね。

今は我慢!
民主党・アメリカと共和党・アメリカとの間で、注意深く慎重に進んでいくしかないですね^^;

ヒラリーのがマシ!とか言ってた自分が恥ずかしいわもうww





瀬戸内寂聴の摩訶不思議

安保法案について、あちこちで反対を述べタレている瀬戸内寂聴という女坊主。
彼女は、日本の子供達が徴兵されて殺されるのが心配だそうな。

我が子を捨てて不倫に走った女が、他人の子を心配する不思議。
これいかに?(笑)

まあ最近では、自分は共産党支持者だと明言しちゃってるし、理論破綻してしまうのも納得かなあ、と←

つける薬ナシ^^;

キーワードは大逆転

千葉県で地球史を書き換える新たな大発見が成されましたね〜^ ^

地球史における時代の区切りとなる地層にはゴールデンスパイクという杭が打たれます。
これまでゴールデンスパイクが打ち込まれたのは65ヶ所。
1ヶ国に1本しか打たれないので、日本ではまだ打たれていません。

この度、千葉県の地層が注目を浴びています。
太古の昔、地球の地場は現在とは逆だったという事が、ハッキリとこの地層には現れています。
地場の逆転がここ日本の千葉県で証明されたのです。
ここに時代の境目となる印《ゴールデンスパイク》が打ち込まれれば、『千葉時代』が新たに地球史に刻まれることになります。

地元の方々は、新たな観光地として千葉が賑わうと大喜びしているそうですが、ちょっと待ってw
金時山の金時おばちゃん効果とは違いますよー(笑)
文字通り、世紀の大発見ですよっ!w

この地球規模での新たな大発見は、地球史の新たな書き換えが行われるという事ですよ。
世界遺産などと同列に考えてはイケマセンってw
まあでも、私だって結局は嬉しくて仕方ないのですがね←

地場の逆転ですよ、地場の逆転@@
そんな時代があったなんて!
地球ってスゴイ…。

ここから本題(遅っ)。

まず、今まで世界のパワーバランスの中心にいたのはアメリカでした。
戦後史観についても、アメリカ中心の歴史が是とされてきました。
しかし、オバマ政権により、アメリカは世界の警察という立場を降りました。
代わって日本の重要性が世界から注目を集めています。
技術大国となった日本は、今やどの分野においても、世界が必要不可欠と認める国となりました。
アメリカの中でさえ、次代のリーダーは日本だと言う人も出てきています。

そしてそのアメリカによる極秘文書の開示などにより、アメリカ中心の歴史史観が覆されつつあります。
その動きが一番激しく現れたのが日本。
日本によって真実の歴史が世界に広められようとしています。

そして、パワーバランスに必要なのが資源。
これについても、日本の独立総合研究所がメタンハイドレートを発見、発掘に成功しています。
世界の資源だった石油が、メタンハイドレートという新資源に代わるとしたら、それは間違いなくここ日本からでしょう。

歴史史観も資源問題も、ここ日本から大逆転しようとしています。

そして今回の地球規模での大発見。
それもまた、ここ日本からです。

全ての大逆転はまさに、ここ日本から起きようとしています。

凄いですねー^ ^b
支那朝鮮がいくら頑張っても日本には追いつけない理由が、日本という国そのものだったわけです。
神々の国と呼ばれるだけあって、本当に神秘的なパワーを持った国だと思いました。
アメリカとて同様です。
民度から言えば、支那朝鮮とドッコイどっこいですよw
やはり、日本抜きでは成長、発展できない国であるのも事実です。
彼らアメリカ人にしてみれば、日本人を使役してきたつもりでしょうが、飼い犬に噛まれるハメになるでしょうねw

これでやっと、別の意味での三種の神器が揃ったような気がします。

※次世代エネルギー
※新たな地球史

そして何より、※世界最強最高地位に居られる天皇陛下の存在が全てを物語っていると思いますよ^ ^b

やはり日本は特別!
日本で生まれ育った人は全て、選ばれし民だと思えるようになりましたねb
共産党など野党は無駄な悪足掻きをしないで、『日本のために』働くことをお勧めしますよ。
この日本にいられるだけで感謝するべきだと思います。
今となっては、野党が中国や韓国と繋がっている事は明白ですし、中には外患誘致に当たる議員も何人か居ます。
彼らが何故、まだ逮捕されていないのか?
馬鹿でも解ると思いたいですが、あえて言わせて頂くと、泳がされているのですよw
官邸前で法案反対と叫んでいるプロ市民も、沖縄で基地反対と叫んでいるプロ市民も、それを嬉々として報道しているマスコミ各社も、全て公安は確証済みです。
時が来れば一網打尽です。

神々の国・日本には勝てないのですよw
諦めて下さいね^ ^b
いやはや、日本ってスゴイ!

プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム