HOME
INDEX
RSS
Archive | 2013年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレは気にしない方向でw(予約投稿)

小笠原諸島周辺に新しい島ができてからというもの、ニュースなどで画面がズームアップされる度になんだかドキドキしてしまうウダモですこんがんわw

映像にヤギが映し出されるのはいつだろう。
…とかいう妄想がハンパないんすけど誰かとめてくry

あ。
あけましておめでとうございます←

2014年

本年度も楽しく過ごしていきたいと思います!^^!
そして楽しくしていきましょうネ!!




byウダモスティン・レア・ウダモ
スポンサーサイト

格差って悪い事???

私の叔父様の話。

彼は戦争体験者でした。
日本中どこも食糧不足だったらしいですね。

まだ幼かった叔父様も食べられなくて苦労したそうです。
そんな彼の一番の望みは…

『大福が食べられたら死んでもいい』でしたw

そしてその気持ちひとつだけで、つらい疎開生活も耐え抜いたと言っていました。
現在、彼は悠々自適な暮らしを満喫しており、思う存分、大福を食べられる身分になりました。

ー叔父様の話から思った事ー

現代人は贅沢すぎるな、と。
大福どころか、高級品まで安く食べられる世の中になりました。

思うんですけど、高級品って安い必要ありますかね?w
高級品だから高くて当たり前だと思うんですよね。

みんなが平等に食べられるように工夫して安く提供できるようにしたのだろうけれど、その必要はあるのかなぁ…と。

食べる事って人間の活力だと思うんですよ。
その活力になるものが全て手に届くものでいいのだろうか、と。

食品偽造問題もありましたが、私たちは業者を責められるのだろうかと思う時があります。
貴重で品薄だからこそ値段も高くつくのが当たり前だと思うんですよ。
手間暇かけて丁寧に仕上げているからこその値段でもあります。

そういう食材をいただくのに、普段着で気軽に食べたい時に食べられるって、なんだかとってもチープな気がします。
それに、苦労して食材を手に入れている職人さん達にも失礼だと思うんです。

なんでも豊富に手に入る現代ですから昔のような思いをする必要はないけれど、高くて手の届かないものがあってもいいと思いますよ。
どうしても食べたかったら、昔の人のように頑張ればいいんですから。
それを食べるために何か月もお金をためて、有難くいただく…なんていう思いをしたことがないですからね、現代人はw

戦後、日本は平等を美として進んできましたけど、もうそろそろ、そういう考え方を改めないと、どんどん甘やかされてしまい、頑張らないでもいい習慣がついてしまいそうで、ちょっと怖いなと。
格差はあっても構わないと思いますし、ないと人間がダメになってしまうような気がしてなりません。
格差があるからこそ、頑張れるのだと思いますよ。

軽自動車税にしても、あちこちでボヤいているようですが、軽自動車のオーナーが払う税金は年間7500円ですよ。
比べて普通自動車のオーナーは年間45000円も払っているんです。
ちょっとぐらい高くなったからと言って、そんなに騒ぐことですかね?w
なんでもかんでも、『持っている人が払えばいい』といって、普通自動車のオーナーや高額所得者の納税任せっていうのも甘え過ぎなんじゃないかと思いますよw

高いものは高くていい。
払うべきものには、ちゃんとした金額を支払う。

こういう常識をもとに戻さない事には、本当の意味での経済活性は実現しないと思いますよ。
『人類みな平等』は人間を甘やかし腐敗させるという面もあると、改めて思いました。
平等であるべきなのは、最低限の生きる権利が守られている事…これだけでいいと思いますよ。
あとは自分の努力次第、ってね。

おしまいw

決意!…してみる…たぶんw

ど~もウダモですこんにちはw

年末になると色々と忙しくなりますよね。
我が家も例外なく忙しいのですが、なぜか『私だけ』が忙しいっていう。
まあ、主婦なので当たり前でしょうけど、家族はみんな『あ、今忙しいから』という理由で、雑用を私に押し付けるからムカッとくるw

私だって忙しいのよっ!…と何度吠えたことか(笑)

そんな中でも自称・遊びの天才ウダモは、自分のストレス発散の為に適当に息抜きしてるからいいんですけどねw

昨日、久しぶりに市場に行ってみたら、まだクリスマスも来てないのにお正月の準備で賑わってましたよw
世間では色々と問題があるようだけれど、日本って平和だなぁ、と。
市場を見たりすると、その国の人達の日常が見えますよね。
なんだかんだ言っても買い物客で賑わっていたので、勝手に『幸せな国』なんだなぁと思ったりしましたね。

…って、ダラダラ書いてても仕方ないので、とりあえず来年の目標を考えてみましたw(なにいきなり)

お人好しをやめて、道を選んで歩む!

これに決定w
はるママさんサンキュー♪よい助言になったよb

え、ウダモってそういうキャラ?w
…とか言われそうですけど、そういうキャラなんです←
今までダラダラとやり過ぎたw
これからはキッパリと生きていこうかなと。

で、なんでこんなところで宣言してんの?とか思ったけど、こういうところでちゃんと字にしておかないと実行できそうにもないので(^^ゞ

これまで新年の目標とかあげずに生きてきたので、来年からはちゃんとやってみたくなったんです。
節目という言葉の大切さを、この歳になって実感できるようになったので。

それから、行事関係もきっちりとやっていきたいなぁと。
子供が小さいうちは色々とやってきたんですけどね、なんだか最近ダラけているのでw

お正月には新しい下着とパジャマを用意しないとb
この習慣は母親が元気な頃から続いていたのですけど、私の代になってやらなくなったしw
こういうのって大切だなぁと思うようになったんです。

よし!
来年から頑張るぞっ!w

それではみなさん、よいお年を!(早っw)

シンプルに考えてみると見えてくるものがある。

何を信用したらいいのか判らない時、迷った時の判断方法。

↓例↓

・痩せます!

・救われます!

・絶対に良い投資です!

・信じないと死ぬわよ!

・間違いなく軍事国家に逆戻りします!

・我々国民の知る権利が脅かされます!


『断言』しているもの程、怪しい『かも?w』
世の常、ですな。

以上w

9捨てて1を取る時が来た??

――なぜ日本は急ぐのか?
…と、こんな事を考えながらフラフラとネットサーフィンしてたら、見落としていた重要な事を拾っちゃいましたw
つい最近、世界の勢力図が大きく変わりそうな事が起きていたんですねぇ。

・2013年、日本国による日本海側のメタンハイドレート本格調査を開始。

・2013年8月、メタンハイドレートが採掘できそうな有望な地形が日本に225ヵ所ある事が、経済産業省より発表された。

・2013年9月、インドにて『日印エネルギー対話』会合が開かれ、日本政府はインド周辺海域でのメタンハイドレート採掘の為の地質分析や分布エリア指定研究を共同で行う事を決めた。


2013年って……ガチで最近じゃんw
メタンハイドレートといったらアレですよ、尖閣、竹島に埋もれていると言われている未来エネルギーの事です。
※特性などについてはウィキに詳しく載っているので参考にして下さいw

このメタンハイドレートは長年に渡り、各国が第二のエネルギーとして注目し、調査、研究を重ねてきましたけど、液体である石油とは違う為、従来の掘削作業ではなかなか実現できそうにもない夢の話でした。
けれど、当ブログにもリンクさせて頂いている青山繁晴さんが所長を務める独立総合研究所が興味深い発表をしていたんですねぇ。

メタンハイドレートは燃える氷とも呼ばれていて、砂が混じっていたりすると採掘作業にコストがかかるし、温度も関係していて、非常にデリケートな扱いをしないと資源として実現利用するには難しいものらしいです。
日本は今まで南海トラフにおいて調査、試掘をしてきたそうですけど、世界各国同様、採掘コストばかりがかかってしまい、なかなか利益を生まない状態だったらしいです。
でも、どうもこれにはカラクリがあるらしく…。

要するに政府主導で巨額の予算がつくから…という理由で、南海トラフでいいよネ♪…というオチだったらしいですよ(笑)
しかも、日本国民の為の放送局・ザNHKもまた、『メタンガスを使用すると人類滅亡にかかわるような地球温暖化が進む!』とかナントカ、まるでメタンガスには注目するな!というような特集番組を放送し、国民から未来のエネルギーへの希望を削ぎ落したわけです。

お金はかかるし、採掘は難しいし、CO2問題が解決されないなら意味ないや…と、なりますわな当然w

しかしながら、NHKの涙ぐましい努力も無駄に終わりました。
エール大学の化学者が、メタンハイドレートは石油を使用するよりもCO2の排出量が低いという研究結果を発表したのです。ドンマイNHKw

で、ここで登場するのが、独立総合研究所の青山繁晴さんです。
彼の説によると…

・日本海側にあるメタンハイドレートは砂と混じり合っておらず塊状で存在する為、採掘にさほどコストがかからない

・天然ガスの主成分とメタンハイドレートの主成分は同じ為、ガスの取り出しさえ上手くいけば、低コストですぐにでも発電でき、都市ガスとしての供給も可能である

・日本の場合、青函トンネルなどの実例を見ればわかるように、その海洋土木技術が突出して進んでいる事から、メタンハイドレートの状態が良ければ、採掘は難しくはないはずである

…という事らしいです。
つまり、世界各国の海域に埋もれているメタンハイドレートは数多くあるけれど、一番採掘しやすい状態で埋もれているのは日本なわけですよ。
それに加えて、日本の海洋土木の技術は世界一です。しかもメタンハイドレートを発見調査する技術までも世界トップクラスです。
これが実現すれば、日本は世界有数のエネルギー資源大国になれるわけですヨ。
こうなると、これ以上余計な秘密(技術)はなるべく漏らしたらアカンですねw
国益を守らないと^^b

やっと、ですよ。
やっと2013年から本格的に日本海側の調査が始められたのです。
でも不思議ですよねぇ。
条件も整っていて、採掘技術も世界トップクラスだというのに、なぜ今まで難しいとされてきたのでしょうか。
青山氏によると、石油利権にからむから、だそうです。
やっぱりな(笑)

東大教授や国会議員、そして関連企業など、既得権益にかかわる者が採掘に対し、反対し続けているらしいですよ。
そりゃそうですよねw
国益よりも己の財布のが大事でしょうから(笑)

今まで自民も民主も、その他の政党もみんな、自分の懐にしか興味がなかったわけです。
でも、ここにきていよいよ日本が危ない状態になってきましたよね。
本格的に日本の為になる事をしなければ!…とか思ったのでしょうか。あら珍しい←
それは『いわゆる』アジア諸国(※中国、韓国だけ)も同じなのだと思います。
なんだか、どこの国も急いで無茶な事をしているような気がしますねぇw

※おまけ

・韓国は2013年をめどに、竹島の南方海域で米国ゼネコンの海洋土木技術による採掘実用化を行うと発表してます。
まあ、がんがってくだしあ。

地球温暖化の話が出たので、ついでにもういっちょw

横浜市磯子区にある『石炭火力発電所』
つまり、世界初のクリーンエネルギーの実現を果たした所です。
ちょっと前にテレビでサラッと放送されていたのでビックリしましたがw
なにがって、この技術を中国に提供してあげましょう!的な事をコメンテーターが言ってたのでね。こんな重要な技術を外国に漏らすだと?!…と、お茶をすすりながら驚愕したのを覚えてます。

で、この発電所なんですけど、何がすごいってPM2・5を99%除去できるらしいですよ。
なので中国にも技術提供しましょ♪…という話なんでしょうけど、バカか、と。
こういった世界に誇れる技術をホイホイ提供しちゃうから、特定秘密保護法案が成立しちゃうんじゃないのw自業自得だわネまったく。

石油にかわって石炭が新しいエネルギーになり得るなんて、時代逆行もいいとこだと思ってましたけど、発想の転換ってやつですかね。やっぱすごいな日本人て@@

国民の『秘密知りたい~!』という民意をとるか、民意をすてて国益をとるか、その辺でしょうね、天秤にかけるところは。
どちらも平等に上手くやっていこう!とか、国は民である!…とか言える状態でもないですから今の日本は。それほど崖っぷちというわけです。
アメリカも中国による防空識別圏問題で、その弱体化が露見しちゃいましたしね。
いつまでもアメリカ頼りではいられないって事でしょう。

日本が世界に先駆けてこのエネルギー問題を解決できれば、今までの勢力図が大幅にかわると思いますよ。
大事にしなければならないのは何か。
己の損得ではなく、国の損得を考えられるようにしていきたいなぁと思った次第です。
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。