HOME
INDEX
RSS
Archive | 2013年09月

勝手に夢診断←

ご無沙汰してますウダモですw
昨日やっと、短いショートステイにばーさんを預ける事ができて、しばしの休息を楽しんでおります。
でも、明日帰ってくるんですけどねぇ…ぁぁぁ←

突然ですが、の話。
うちには私たち家族が連れてきたワンちゃんと、あともう一匹、じーさんが飼っているワンちゃんの計2匹の犬がいるんですね。
両方ともチワワちゃんです^^

で、じーさんが最近見たというのが衝撃的で(^^ゞ
『さくら(じーさんの犬)を殺したを見たんだよ…』
そう打ち明けてくれた時のじーさんは、だというのにすっかり落ち込んでいましたw

の中では、どうしても殺さなきゃならない理由があったらしいです。
近所の人も私も、それぞれ飼っている動物を殺していく…そんな中で最後まで殺せなかったのがじーさんで………。
でも、ついにじーさんの順番が来てしまいました。
少しでも楽に殺せるよう、薬が配られていたんですけど、なぜかじーさんのぶんは無くなっており、仕方なく素手で殺さなきゃならないハメに………。
じーさんはナイフを愛犬の喉に刺したそうです。
その瞬間、じーさんの犬はいつも通りおとなしくしていて、あの、信頼しきっている目でじっとじーさんを見つめていたそうです。
その目が忘れられなくて、の中でじーさんは後悔と懺悔を繰り返していたそうです。
話している最中でも、目に涙を浮かべていましたからw

なんとも後味の悪い夢だったと思います。
夢だとわかっていても、かなりずっと引きずっていたようで、思い切って私に打ち明けたのだそうです。
それを聞いた私は、ふと自分の見た夢を思い出しました。

私の見た夢は、夕飯の食材が人肉しかなくて、どうしようもなく気持ち悪い思いと、強い拒否感を抱きながらも、仕方なく調理する…と、いったものでした。
まあ夢の中ではどうしても調理できなくて、台所で座り込んで泣いてしまったんですけどねw
私の夢はそこでおしまい。

この夢を思い出し、私はじーさんに話してあげました。
そう、二人とも『イヤだけど、しなければならない』というのが主体となっている夢なんです。
つまり、現実世界での『介護』が原因で見た夢なんです。

じーさんは私の話を聞いた後、肩の力が抜けた感じでしたw
たぶん強い罪悪感に押しつぶされそうになっていたんでしょうね。
夢からさめても『やりたくなかった』と何度も言ってましたからw
でもやっと、夢の原因がわかってホッとしたのか、何度も私に『ありがとう助かった!気分がラクになった!』と言ってましたw

自分の妻だから、自分の母親だから、という理由でじーさんも私もばーさんの介護をしています。
私はこうしてブログでぶちまけたり、友達に愚痴ったりしてストレスを発散してますけど、考えてみれば、じーさんには愚痴を言える友達もいないのです。

まあ普通の付き合いができる友達はいますけどね。
こと介護の話となると、相手も困ってしまうのでしょう。場の空気も重くなりますし、お酒を飲んでいても楽しくないですからね。
それに、介護経験のない人だったりすると、介護の話をされても受け答えに困ってしまうというのが本音だと思います。
男の人って、軽い愚痴は言い合えるけど、深刻な愚痴は言えないのかもしれませんね。
それに比べて私という女はwwww

やっぱ女って図々しい生き物ですorz
ストレスたまったら吐き出すし、相手がどう思おうと構いなしに愚痴のオンパレードだしねw
だいたい女子の会話って、聞いてると『一方通行』なのが多い(笑)
結局、自分の話をして満足してる…っていうのがパターンなんじゃないかとw

なにはともあれ…夢って面白いですねw
受け取りがちゃんとできていれば、心の治療にもなりますから。
事実、じーさんは『介護疲れ』を自覚できて、逆にスッキリしたみたいですw
『そうか、疲れてたんだ』
そうわかっただけでも心が軽くなるもんです。

自覚って、頭で理解するのと心で理解するのとは違うので、じーさんが心でも自覚できたのでよかったです。
同時に私も、心の疲れを再自覚してスッキリ←
てゆか、あの夢を見た後でも『はいはいはい、そうですよ私の心は疲れてますよw』と、スルーしてたけども←
じーさんの夢をきっかけに、自分の心の姿を再確認できたので良かったなとw

……てことで☆彡
心のストレス発散のため、ゲームやってきま~っす♪←










ホントは12年待たされた小野さんの新刊を読んだほうが落ち着くんだろうけどさ……時間がねえのよ!w
あああもうっ!読書は10月になってからっ!w

決して誰も読みたがらないものを書いてみた←

今の自分には何もない。
技術も無ければ、道具もない。
ましてや、暇をつぶすお金もないし、それを生み出す仕事もない。

こんな状態で何ができるのだろう?
時間にも、人にも繋がれていない今、できることといったら、せいぜい外に出ることぐらいだ。

午前6時。思い切って扉を開け放つ。
まず目に飛び込んできたのは空の青だった。
よかった。雨じゃない。
早朝の薄い靄が辺りの木々を優しく包み込み、足元の草花はまだ朝露に濡れていた。
なんとも清々しい気分になる朝の風景だが、初めて踏み出す一歩はまだ躊躇している。

注意深く辺りを見渡してみた。
大小の山々に囲まれた、広い広い草原地帯が横たわっていて、ざっと見たところ危険はなさそうだった。
ふと、柔らかな風が私の髪をふわりと浮かせた。安心していいのだと教えてくれているのだろうか。
よし、行こうか。

草原に咲く色とりどりの草花や、その上を踊るようにして舞う蝶たちを横目に、私はただ、走った。
何もできそうにもないこんな時は、太陽と自然が一番の遊び相手になってくれる。
走りながら空を見上げてみれば、鳶が優雅に風に乗っていた。
時おり立ち止まり、意味もなく花を摘んでみたり、蝶をつかまえてみたりもした。

やがて、ゆったりとした時間はあっという間に過ぎて行き、かなり遠くへ来てしまったことに気付いた。
遥か遠くのほうから獣の咆哮が聞こえてくる。
無防備な私は、どうするべきか咄嗟に考え、近くの茂みに身を隠すことにした。
どうか気づかれませんように………。ただひたすら祈るだけだった。
けれど、猛々しい咆哮はどんどん大きくなっていき、まるで宴の前のように落ち着きがなくなっていく。
さきほど、私の髪をなでるようにして励ましてくれた風は、突然いじわるな風になって、確実に私の匂いを彼らに届けてくれているようだ。
そう、私は狙われている。餌として。

茂みからそっと見てみると、オオカミが2匹いた。咆哮は、更なる仲間を呼んでいるらしく、ますます興奮を増していく。
もうだめだ………。
これ以上近くに来られたら、やられてしまう。
なにか武器になるものは………。
背中に手をまわし、街で買っておいた弓を取り出す。
木で出来た粗末な弓。これしかないのだから仕方がない。
矢も、なんとも頼りないもので、薄い木の板でさえ打ち抜かれそうにもない代物だ。
こんなんでいけるのか?
だが、迷っている暇はない。私は弓を構えた。

この弓の攻撃力はレベル10以下。武器の性能としては、初期装備と言っても過言ではない。…というより、初期装備でしかない。
こんな武器じゃオオカミ1匹だって倒せやしないのは解っている。
しかも、戦闘が始まったら彼らの動きは驚くほど機敏になる。
接近戦になることも、もはや免れない。
おまけに、弓での接近戦となれば100%勝ち目はないのだ。
さあ、どうする?

どうせ殺されるのはわかっている。けれど、どうせなら戦ってから殺されたい。
―――やってみるか。
2匹のうち、少なくとも1匹だけでも一発で仕留めれば、1対1の戦いに持ち込める。1匹だけならば………どうにかなるかもしれない。
上手くいったとしても、残る1匹は素手でやるしかないか………。
まあいい。考えても仕方がない。こうしている間にも、敵は確実に近づいてきている。

やってみよう!

視点を動かさず、エイムポイントを少しずつ動かしていく。
しかし敵は止まってくれない。右に左に黒い体を動かしてこちらに向かってくる。行動パターンを読もうとするも、動きがランダムでつかめない。
そして時間をかければかけるほど、エイムが外れていく。
オオカミは、後ろにいる仲間を気にしているのか、前へ進んだり、後ろに下がったりしながら近づいてくる。そして相変わらず行動パターンが読めない。

………だめだ、狙えない。
手元がブレるのと、画面が揺れるのとで、どうにもエイムポイントが定まらない。
いったんポーズして、もう一度やり直す。

こんな時、ロケットランチャーがあれば!とかいう愚痴は心の中でして、再び静かに弓を構えた。
標的は、せわしなく動き回っている。
息を殺し、全神経を指先一点に集中させた。

どうせ殺されるなら―――そう思っている一方で、リセットしたくない自分がいる。
こうなったら、へなちょこな弓を脳内変換して、アサルトガンにするしかない。そしてヘッドショットで一発で決めるしか、生き残る道はない。
ええい、くそっ!やったる!!
私は思い切って矢を放った。
刹那、地面を叩きつけるような重い音がした。

っえ!?―――マジか、自分!!!

どうやら一発で仕留めたらしい。目を凝らして見てみると、オオカミが一匹減っている。
やった!!
心の中ではかなり嬉しかったけれど、気持ちを落ち着かせ、2匹目に備えて再び静かに弓を構えた。
今度の敵は味方が殺されたからなのか、動きが俊敏になっている。
しかし、まっすぐこちらに向かっているぶん、軸がズレなくて狙いやすいのも事実。
矢を放つ。
矢は、オオカミの眉間めがけてまっすぐに飛んだ。ヘッドショットが決まったのだ!
ナイスファイト!お疲れ自分!

そして、この健闘ぶりをゲーム仲間の息子に伝えたくて、彼の名を呼んでみた。
返事はない。彼は出かけていたのだった。
………なんだか、寂しいなぁ。
じゃあ、じゃあ娘は?
彼女はゲームはやらないけれど、いい話し相手にはなる。
娘の名を呼びかけたところで、ふと、彼女に言われたことがある言葉を思い出した。

『ゲームが何の為になるっていうの?』
















っぐ!負けたっ!ww

―おしまい(笑)―

画像で乗り切る ネタ切れブログ←

SN3G0203.jpg
ついにゲットしたどぉ~♪愛パッドじゃなくてipad←
まあ、夫のお古だけどもw
コレ、キッチンでもどこでも運べるし、すぐにインターネットで遊べるから、
めっっちゃ便利(*^ω^*)
何より、すぐに開けるからラク~b
パソコンだと、立ち上げが面倒だし…
なんだか道具を与えられた猿の気分w
うきゃきゃ~www

パソコンはゲームにでも使おうかな←
今さらだけど、前から気になってた『スカイリム』
The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition 【CEROレーティング「Z」】
(2013/06/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る

↑コレはPS3版だけど、パソコンのほうが面白いらしいから。
パソコンでゲームっていうと『大航海』しか思い浮かばないっていう。

てゆか私のパソコン、かなり前に夫に作ってもらったんだけど、容量は1テラバイトあるらしいから、そこだけはいいんだけど、息子の話だとゲームをやるならグラフィックボードを上げないといけないらしい。
スペックあげてもらおっかなぁ息子に←
夫にやってもらうと余計な事が多くて、かえって面倒くさくなるんだしw
う~ん、しかしスカイリムかぁ…悩むなぁ…
洋ゲーってのは、どうもグラフィックがリアルすぎて美しくない←
キャラクターとかさ、見た目が良くないと、やっててもつまんないのよねw
う~ん…迷うぅぅ
あ…でも息子に頼むと、ジョジョのゲームまで買わされるハメにorz
てゆか私がやりたいソレwwww

あ、そうそう☆彡
髪切りました!(世間的にはど~でもいい話)
以前はワンレングス(バブリィ~w)だったけど、
おばちゃんらしくショートにしてスッキリ☆
でも、一度ショートにするとやめられないのよねコレがw
んで、もっと切っちゃえ~♪♪♪
…てことで、今回は伐採…じゃなくてバッサリいったったっ!w
いやあ~ラクちんちん♪←
シャンプーとか、すんごいラク~。
もうやめられないとまらないw
リンダにしか止められない←

で、こんだけショートにしましたよ的な写真w↓
※注:盆栽写真じゃないわよア~タ。
SN3G0196.jpg
…ギリで大丈夫…か…な?w
顔は映してないからおkだと思うけど、わかる人にはわかっちゃうので、その時はお黙りっ!…じゃなくて黙っててちょw

外国人学校の授業料無償化について

日本政府に対し授業料無償化を訴えていないインターナショナルスクールと、無償化を訴えている朝鮮学校を比べてみました~

インターナショナルスクール・入学条件などについて
・国籍は基本的に外国籍の生徒に限る
(※条件により日本国籍の生徒も入学可)
・学校教育法第83条に基づき『各種学校』として認可
・日本における義務教育課程には相当しない
・日本の学校への進学の際は高校、大学の受験資格の取得が必要
・教育課程については、日本における学習指導要項には拘束されず、各校独自の方針により編成されることになる。

※条件:海外滞在期間3~5年の者
    生徒本人の英語力がネイティブ相当
    両親のうち、どちらかの英語力がネイティブ相当

朝鮮学校・入学条件などについて
・ほぼ同上
・教育課程については、日本における学習指導要項には拘束されず、各校独自の方針により編成されることになる。

…と、ここ↑↑は特に同じですね。
で、お金について、です↓↓

インターナショナルスクールの場合
・外国企業や親たちからの授業料で運営している
・授業料(諸経費含む)月/約15万~20万円
・国(日本)や自治体からの援助なし


朝鮮学校の場合
・主に親たちからの授業料や寄付で運営している
・授業料(諸経費含む)月3万~5万円
・国(日本)や自治体からの援助あり(過去)
・自治体により異なる ※援助例:年/650万円
・北朝鮮から年/10万円 韓国からは無し


インターナショナルスクールの授業料、とんでもなく高いですね~w
・日本人生徒の場合、母国語補習の為に塾代などのお金もかかります
・外国籍の生徒でも、親の就職先や金銭的事情により入学できない場合があります

…というより、ほとんどの外国籍の子供はインターナショナルに通ってないような気がしますw
母国語以外にも言語を増やしてあげたいという親の気持ちから、あえて日本の公立、私立校に就学させるケースも主流になりつつありますけどねw
さてさて☆彡
朝鮮学校の場合を見てみましょう^^

(全ての日本国民は)『教育を受ける権利がある』
…という理由から、高校授業料無償化の対象から朝鮮学校を外すのは間違いだ
という声が上がっているそうです。
高校授業料無償化は社会的に保障する立場から実施されるものであり、政治的理由から特定の学校を排除することはあってはならないから、だそうです。
また、無償化とまではいかなくとも、就学支援金支給の対象にするべきだという声が以下の団体から日本国に向けて出ています。
・日本高等学校教職員組合
・アムネスティ・インターナショナル日本
・自由人権協会
・毎日新聞
・北海道新聞

それから在日韓国民主統一連合と『戦争と女性への暴力』日本ネットワークが提携し、朝鮮学校を支給の対象に含めることを要求しているようです。

ちょっと前、NHKで『在日として生きる』という番組を見ました。
学校に通っている子供たちは朝鮮人である事に誇りを持つ一方、日本社会においては自分のアイデンティティを隠したりして、いじめや差別から身を守っている状態でした。
番組では終始、彼らの『友好』『交流』の努力を語っていましたが、『どうして対立が起きているのか』については触れていませんでした。

在日朝鮮人の方々の苦しみは理解できます。
同じ日本人による迫害がある事についても恥ずかしいと思います。
老朽化した校舎で学んでいる子供たちを見ていると可哀そうだとも感じます。

私たち日本人はずっと、中国または朝鮮側の認識による歴史を習わされてきました。
そして片側からだけの歴史を信じてたくさん反省してきました。
お互いによる正しい歴史認識が必要であるならば、今度は今まで明かされずにいた日本側からの認識による歴史も学んでもらえたらと思いますが、どうでしょう?


インターナショナルスクールはそれぞれの自国の企業や親たちのお金で運営しています。
朝鮮学校には援助してくれる企業はないのでしょうか?
日本における朝鮮系企業の成功は、よく知られています。

パチンコ業界や焼肉業界などなど、儲かっている企業はたくさんあります。
今や芸能人を始めとする、マスコミ業界のトップやテレビ業界のトップ等も朝鮮系の方々で占められている程です。
これらの方々、そして企業が今以上に彼らを助けてくれる事を願うばかりです^^

あなたのウン子ちゃんですよ?w

★あいかわらずのばーさんw①

彼女が出して便器や床やら汚したウン子ちゃんを、ひたすら処理してたら、ばーさんに言われた。

『死んでやろうか?(笑)』…と。

ああ、お願いだからそうしてくれww…と言いたいところをグっと我慢して、ひたすら掃除。
するとまた、ばーさんが一言。

『臭い顔してやるなら、もうやめちまえ!お前なんかに頼んでないんだから、誰か他の人間よこせ!』

これには頭きて、『誰をよこせって?』と聞くと『お前のダンナだよ!』と言われた。
病気とは言え、図々しい人間だなと思った←

★あいかわらずのばーさんw②

食べる先からこぼして服がびしょびしょになっているので、前掛けでもしてあげようかなと思い、ちらっと彼女を見たら…

『なに見てんだよ、そんなにカタワが珍しいか?』…と言われた。

ただ見てただけなのにコレだもの。触ろうとしたらもう大変ww
歩行補助の為に手をそえただけでも怒るし。
どうでもいいやもうwwww

私立高校助成金について(なに突然w)

子供の学校で私立高校助成金の全面援助を申し出る署名運動に参加させられ、ちとウザくなってきたw
確か来年4月からは、年収950万円までの家庭に対しては、いくらかの助成金が出るらしいけど、それじゃダメなのかね?w
もう充分じゃね?…とか思う今日この頃。

子供がもらってきた署名書は1ページ10人まで記入できるものが計10枚。
これに署名してもらってくる事…というのが学校側の要望。
しかも、街頭での署名運動にも参加してほしいとの連絡もきた。

おまけに空欄のある署名書は生徒に返し、空欄が埋まるまで持ってくるなと言う。
ちょ待てwwww
これってほとんど強制なんじゃ??

あのね、これ見てる学校関係者がいたら言わせてもらうけど、私は、やらんよ?(笑)

つか、自分の子のデキが悪いから私立に入れたんだし、その上、学費まで全面タダにしてもらおうなんざ、恥ずかしくてできないっつうの!
悪いけど、そこまで図々しく国の税金を使いたくないのよ。
自分の子のデキが悪いのは私の責任でもあるし、子供の責任でもある。だからお金を払って学校に行かせてもらってるの。
ある程度の事までは協力するけど、それ以上は無理。
ご近所様まで巻き込んで、図々しい署名運動なんざ出来ないっつうのw

子も子でさ、とある場面を動画で見たけど、高校生が泣きながら市長に訴えてるのよ。
『親が貧しいから親孝行がしたい。だから学費をタダにしてください!』…とか
『道路工事とかに使う金があるなら、こっちにまわしてもらいたい!』…とか。

親孝行がしたけりゃ、勉強して公立に行きなさいよw
金、金うるさいのよw
ちなみに、その動画は削除されてたけど(笑)
なんで削除するのかしらね?ちと不思議~w

ったく…ここまで図々しいと呆れちゃうわ。
同じ署名なら、全国の公立小・中学校に冷房設備を設置してもらいたいわよ。
教育で大事なのは、学ぶ環境だと思う。
その環境を与えてあげるのが国であり、親でもある。
お昼までに持ってきたお弁当が腐っちゃうぐらいの教室で勉強してて、何が成績アップよ?
学費の高い、安いは親の都合でしょ?
だったら国におんぶするんじゃなくて、自分たちで子供に説得するとかすればいいじゃない。
私だったらこう言う。
『ごめんね。お父さんとお母さんの収入が少ないから、あなたには頑張って勉強してもらって公立に行って欲しいの。本当にごめんね。苦労かけちゃうけど、お父さん、お母さんも頑張るから、あなたも頑張って』…とか。
こういうのも教育なんじゃなくて?
タダにしてくれ!は無いよ、タダはwww

まずは自分。話はそれからダッッ!w
プロフィール

ウダモスティン・レア・ウダモ

Author:ウダモスティン・レア・ウダモ
             
                
リンクは勝手にどぞ~(・ω・)ノ

どなたでも大歓迎です☆彡

Web page translation
リンク
オス!オラ悟空←
ブロとも申請フォーム